福沢と乱歩が微笑ましい…!舞台『文豪ストレイドッグス序』探偵社設立秘話|公式ゲネプロレポート

掲載/更新 0
福沢と乱歩が微笑ましい…!舞台『文豪ストレイドッグス序』探偵社設立秘話|公式ゲネプロレポート
9月11日(金)より上演中の、舞台『文豪ストレイドッグス序』探偵社設立秘話・太宰治の入社試験から、公式ゲネプロレポートと写真が公開されました!こちらの記事では【探偵社設立秘話】をお届け!
IMAGE
9月11日(金)より、東京あうるすぽっとにて上演中の、舞台「文豪ストレイドッグス序」探偵社設立秘話・太宰治の入社試験につきまして、本公演の公式ゲネプロレポートと写真が発表されました!

こちらの記事では【探偵社設立秘話】ゲネプロレポートをお届けします♪

■太宰治の入社試験公式ゲネプロレポートはこちら!
https://numan.tokyo/news/Xxn6y

「探偵社設立秘話」公式レポート!

原作・朝霧カフカ、作画・春河35による人気コミックス「文豪ストレイドッグス」。名だたる文豪にちなんだ名を冠するキャラクターたちが異能力を用いて繰り広げる壮大なバトルアクションは多くの読者の心を掴み、現在、アニメは第3シーズンまで放送。2018年には劇場アニメも公開された。

そんな大ヒット作が初めて舞台化されたのは、2017年12月のこと。中島敦(鳥越裕貴)と武装探偵社の出会いを描いた第1作から、太宰治(多和田任益)と織田作之助(谷口賢志)、そして坂口安吾(荒木宏文)の過去を描いた舞台「文豪ストレイドッグス黒の時代」、さらに武装探偵社とポートマフィア、組合(ギルド)の三つ巴を描いた舞台「文豪ストレイドッグス三社鼎立」に続き、第4作目となる本作では舞台「文豪ストレイドッグス序」と題し、「探偵社設立秘話」と「太宰治の入社試験」の2作品を同時上演。中島敦がまだ武装探偵社に入る前のエピソードが舞台で甦る。

「探偵社設立秘話」は、2015年5月に発売された小説「文豪ストレイドッグス探偵社設立秘話」が原作。用心棒稼業をしていた福沢諭吉(和泉宗兵)は、とある社長の転落事件に遭遇。社長を窓から突き落としたのは誰か。不可解な謎を一瞬で暴いたのは、その場に偶然居合わせた天才少年・江戸川乱歩(長江崚行)だった。乱歩に妙になつかれてしまった福沢は、働き口の世話をするために、次の依頼先である演劇場まで彼を連れていく。しかし、そこでふたりを待っていたのは、さらに謎深き怪事件だった。
タイトル通り武装探偵社の設立前夜を描いた本作。その最大の見どころは、福沢と乱歩の関係性だ。古めかしい言葉遣いに和服姿の福沢は威厳と貫禄があって、いかにも昔気質という性格。対照的に、乱歩はよく言えば天真爛漫、悪く言うと傍若無人。ズカズカと相手の懐に入り込み、思ったことを何でも口にする乱歩に、年長の福沢が振り回されている光景が実に微笑ましい。

常識知らずの乱歩に福沢はあれこれ小言を並べるが、乱歩はまるで聞く耳を持たない。喫茶処で善哉をすするシーンなど、マイペースで図々しい乱歩とそれに呆れながらもほっておけない福沢のテンポのいいやりとりに、観客もぐんぐん惹きこまれていく。

福沢役の和泉宗兵は大柄でよく通る低音の声が福沢にぴったり。舞台上での威風堂々とした佇まいもさることながら、見ず知らずの孤児である乱歩につい世話を焼いてしまう情の深さに父性がにじみ出ている。乱歩役の長江崚行はハイトーンの声に加え、膨大な台詞を早口で流暢にまくし立てるところが、頭の回転の速い乱歩らしくて惚れ惚れとする。そのワガママぶりに閉口させられるも、なんだか愛らしくて憎めないのは、長江の演技力の賜物だ。
そんな凸凹感がチャーミングなふたりだが、根底では「孤独」の二文字で強く共鳴し合っている。誰も寄せつけることなく、心を閉ざし生きてきた福沢と、両親を失い、その天才性から誰にも理解されず誰も理解できなかった乱歩。孤独なふたりが出会い、絆を深めていくさまに思わず瞼が熱くなる。

また、「文ステ」らしい演出も引き続き継承されている。「文ステ」の特徴といえば、独創的なアンサンブルメンバーのパフォーマンスだ。ダンスカンパニー・CHAiroiPLIN(チャイロイプリン)の主宰として知られるスズキ拓朗の振付は、わかりやすい美しさや華麗さとは一線を画す、シュールな空気感と奇妙な視覚効果があり、それが「文豪ストレイドッグス」の持つダークな要素にマッチしている。
部屋一面に書類が敷きつめられている場面では、アンサンブルメンバーの全身に紙を貼り付けて表現。こうしたコミカルな演出は、演出・中屋敷法仁の得意とするところ。演劇の持つ虚構性を逆手に取り、大胆に遊んでみることで、舞台だからできる世界をつくり上げていた。

そんな遊び心溢れる演出を挟みながらも、事件現場である社長室から容疑者である殺し屋が拘束されている部屋へと移動する場面では、アンサンブルの動きだけで鮮やかに転換。

乱歩が「異能探偵」として覚醒するシーンは、アンサンブルを中心とした巧みなパフォーマンスで強いインパクトを残すなど、硬軟自在の演出で物語に緩急をつけた。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません