太宰&国木田コンビがたまらない…!舞台『文豪ストレイドッグス序』太宰治の入社試験|公式ゲネプロレポート

掲載/更新 0
太宰&国木田コンビがたまらない…!舞台『文豪ストレイドッグス序』太宰治の入社試験|公式ゲネプロレポート
9月11日(金)より上演中の、舞台『文豪ストレイドッグス序』探偵社設立秘話・太宰治の入社試験から、公式ゲネプロレポートと写真が公開されました!こちらの記事では【太宰治の入社試験】をお届け!
IMAGE
9月11日(金)より、東京あうるすぽっとにて上演中の、舞台「文豪ストレイドッグス序」探偵社設立秘話・太宰治の入社試験につきまして、本公演の公式ゲネプロレポートと写真が発表されました!

【探偵社設立秘話】ゲネプロレポートに続き、こちらの記事では【太宰治の入社試験】をお届けします♪

■探偵社設立秘話公式ゲネプロレポートはこちら!
https://numan.tokyo/news/2Ov6p

「太宰治の入社試験」公式レポート!

原作・朝霧カフカ、作画・春河35による人気コミックス「文豪ストレイドッグス」。名だたる文豪にちなんだ名を冠するキャラクターたちが異能力を用いて繰り広げる壮大なバトルアクションは多くの読者の心を掴み、現在、アニメは第3シーズンまで放送。2018年には劇場アニメも公開された。

そんな大ヒット作が初めて舞台化されたのは、2017年12月のこと。
中島敦(鳥越裕貴)と武装探偵社の出会いを描いた第1作から、太宰治(多和田任益)と織田作之助(谷口賢志)、そして坂口安吾(荒木宏文)の過去を描いた舞台「文豪ストレイドッグス黒の時代」、さらに武装探偵社とポートマフィア、組合(ギルド)の三つ巴を描いた舞台「文豪ストレイドッグス三社鼎立」に続き、第4作目となる本作では舞台「文豪ストレイドッグス序」と題し、「探偵社設立秘話」と「太宰治の入社試験」の2作品を同時上演。中島敦がまだ武装探偵社に入る前のエピソードが舞台で甦る。

「太宰治の入社試験」は、2014年4月に発売された小説「文豪ストレイドッグス太宰治の入社試験」が原作。新入りの太宰治とコンビを組まされた国木田独歩(輝馬)が、幽霊屋敷調査を入り口にヨコハマで巻き起こる怪事件の謎に迫っていく。
本作の見どころを挙げるとするなら、まずは何と言っても国木田と太宰のコンビネーションだ。カタブツで理想主義者の国木田と、自殺マニアの変人・太宰。ふたりの性格は見るからに正反対。

たとえば序盤から太宰は怪しいキノコを食べてトリップし、事務所の中で大騒ぎ。変わり者の太宰に理想の日常をしっちゃかめっちゃかにされながらも、なんだかんだと乱暴にツッコむ国木田の姿に、原作ファンならずとも笑いが漏れる。

そんな国木田と太宰を、シリーズ第1作から同役を演じ続けている輝馬と多和田任益が軽やかに表現し、観客を楽しませる。自分の理想に強いこだわりを持つ国木田の四角四面な性格に輝馬の美声がフィットし、太宰に振り回される姿は愛らしさすら感じる。

そして、多和田任益の細長い手足は、太宰治そのもの。くねくねとした体の使い方やクセの強い台詞回しなど、どれもファンが思い描く太宰治に限りなく近く、観ていて爽快感さえある。
日常パートではコミカルなやりとりで楽しませつつ、バトルシーンは舞台ならではの演出で観客の目を惹きつける。原稿用紙を模した舞台美術にプロジェクションマッピングを投射。さらにそこにアンサンブルメンバーによる生身のパフォーマンスが加わって、異能の数々を舞台上で迫力たっぷりに再現する。

特に鮮やかだったのが、佐々城信子の救出シーンと、その後の毒瓦斯の場面。パネルを用いた演出で貯水槽から鉄の檻までを舞台上につくり出し、非常にシームレスにシーンをつなげることに成功した。

また、国木田と芥川龍之介(声:橋本祥平)の対決シーンでは、芥川の「羅生門」によって繰り出される黒獣を黒い布を使って表現。芥川の強大な力によって苦しめられる国木田をわかりやすくビジュアライズした。
そして何より本作の演出で挑戦的だったのは、劇中に登場する佐々城信子、田口六蔵、運転手の声を多和田が担当していたことだ。佐々城、田口、運転手ら自身はそれぞれアンサンブルメンバーが演じるのだが、声は発しない。いわゆる吹き替えのようなかたちで舞台上にいる多和田が声をあてるのだ。

これにより、国木田と太宰以外のキャラクターが、どこか実態のない人物のように見えてくる。傀儡人形、という言い方が最も近いのかもしれない。佐々城、田口、運転手やその他の登場人物を演じるアンサンブルメンバーは、声を発しない分、動きはややデフォルメされていて、それがまるで誰かに糸を引かれて動くマリオネットのような印象を与える。

そんな操り人形の不気味さが、裏で糸を引いているのは誰かという疑念とオーバーラップし、観客の思考を撹乱する。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません