広告をスキップ

舞台『ヒプノシスマイク』の「Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW」 -Cinema Edit-公開挨拶レポートが到着。安井謙太郎、坂田隆一郎、滝澤諒、阿部顕嵐、バーンズ勇気が登場

キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」を原案とした、舞台“『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“。同部隊を映画館用に再編集した「-Cinema Edit-」シリーズの第3弾の公開記念挨拶が7月27日に実施された。

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“「-Cinema Edit-」

公開記念舞台挨拶ではキャストの安井謙太郎さん、坂田隆一郎さん、滝澤諒さん、阿部顕嵐さん、バーンズ勇気さんの5人が登場。

ひと足先に「3面ライブスクリーン版」を観た坂田さん、滝澤さんは「自然と舞台を客席から観てるような気がして、映画館にいるっていうのを忘れるぐらいの没入感を味わったので感動しました。」(坂田)、「なんか目が増えたような気がしました!シーンの大事なところを3つのアングルで切り取って映し出してくれるので、話もより入っていきやすい気がしました。バトル中の息遣いも聞こえてくる臨場感もすごかった」(滝澤)と感想を述べた。

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“「-Cinema Edit-」09

大迫力のスクリーンと映画館用の臨場感ある音響で、舞台での感動と高揚感を再体験できる同作。現在、「3面ライブスクリーン版」と「Dual 3D版」のまったく新しい2種類の体感型シアターで「ヒプステ」の新たな魅力を楽しめる。

イベントレポートの全文は以下のリリースをチェック。

劇場上映作品シリーズ待望の第3弾!
『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》 -Cinema Edit-公開記念舞台挨拶

安井謙太郎、阿部顕嵐らキャスト陣が大集合!
「まさか自分が出演するとは」(安井)
「3面スクリーンで野球を観たい!」(阿部)

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“「-Cinema Edit-」09

キングレコードEVIL LINE RECORDSが手掛ける音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」を原案とした、大人気舞台“『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“。本作は、2023年春に上演された《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》の舞台映像を映画館用に再編集した-Cinema Edit-シリーズの第3弾です。

その公開記念舞台挨拶が7月27日(火)丸の内ピカデリー(東京都千代田区有楽町2-5-1)にて行われました。
本作は大迫力のスクリーンと映画館用の臨場感ある音響で、舞台での感動と高揚感を再体験でき、7月21日(金)より「3面ライブスクリーン版」(東京・熊本の2カ所)と「Dual 3D版」(全国)のまったく新しい2種類の体感型シアターで「ヒプステ」の新たな魅力を楽しめます。

公開記念舞台挨拶ではキャストの安井謙太郎(やすい・けんたろう)さん、坂田隆一郎(さかた・りゅういちろう)さん、滝澤 諒(たきざわ・りょう)さん、阿部顕嵐(あべ・あらん)さん、バーンズ勇気(バーンズ・ゆうき)さんの5名が登場。

ひと足先に「3面ライブスクリーン版」を観た坂田さん、滝澤さんのお二人は「自然と舞台を客席から観てるような気がして、映画館にいるっていうのを忘れるぐらいの没入感を味わったので感動しました。」(坂田)、「なんか目が増えたような気がしました!シーンの大事なところを3つのアングルで切り取って映し出してくれるので、話もより入っていきやすい気がしました。バトル中の息遣いも聞こえてくる臨場感もすごかった」(滝澤)と感想を述べました。

臨場感がすごかったと聞いた阿部さんは、「(3面スクリーンで)めっちゃ観たいです。野球とかも観てみたいですね!」と他での楽しみ方もしたくなった様子。バーンズさんは「Dual 3D版」を先に鑑賞したとのことですが、阿部さんから「覚えてる?」と聞かれ「覚えてるわ!(笑)ちゃんと観ました!」とツッコミを入れつつ“3Dメガネの有無で(2D、3Dの)2パターンで楽しめる”と、バーンズさんなりの楽しみ方を教えてくれました。それを聞いた他4人は「Dual 3D版」に興味津々でした。

MCから「今回共演してみて、キャスト同士で新たな一面の発見や気づきなどはありましたか?」という質問に対し、安井さんは「(阿部)顕嵐の幹事能力が高いと思いました!」とすかさず答えました。まだ誰もご飯に行くと決まっていないのに早々にお店押さえが完了している、幹事気質の阿部さん。理由を聞かれると「(みんなでご飯に)行きたくて!」とのこと。「1個のカンパニーに、イチ阿部顕嵐!」(安井)と言いたくなるほど、阿部さんのおかげで共演者の仲が深まったそうです。

入間 銃兎役・水江建太さんとのエピソードに。「建太くんって会話するのかな?」(滝澤)と思うほどクールな第一印象だったみたいだが、“好きな食べ物クイズ“で盛り上がったときの水江さんがとてもかわいかったそう。一方、バーンズさんの印象を聞かれた阿部さんは「結構汗っかき!」と答えました。本日の舞台上でも大量の汗をかいていたバーンズさん。さらに安井さんからは「顕嵐の雑なボケを100パーセントでツッこんでいて優しい!」と、現場でふざけている様子を暴露されたお二人。

また、「本作では困難を乗り越えて絆を深める様子が描かれていました。「うちのディビジョンの絆が一番だぞ!」と思うエピソードなどはありますか?」という問いに、ヨコハマの3人は“お芝居の息も寝るタイミングもぴったり合う”とのこと。一緒にご飯を食べ、寝るルームで一緒に寝るほど仲がいい様子。

対して、シブヤの3人も“寝るルーム”を作っているそうですが、おしゃべり好きな坂田さんのせい(?)で一睡もしないで公演に入っていた日もあったとのこと。「実は寝たかった」と安井さんと滝澤さんの告白に坂田さんは少し寂しそうな表情を浮かべました。話し始めるとどんどん話題が広がり、思い出のおもしろエピソードが止まらない5人。

さらに「今回の公演に限らず、ヒプステの全シリーズを通して印象に残っているシーン」を聞かれた安井さんは品川ステラボールで観た“track.1の最後のシーン”を挙げました。

「そのときはまさか自分が(ヒプステ)に出ると思っていなかった」とお客さんからキャストになったことを感慨深そうに話しました。まだまだ話が尽きない5人ですが、最後に代表して安井さんが「みなさん本日はお越しいただきありがとうございました。こうやって新しい形でみなさんにヒプステを届けられる、この形がヒプステらしいなとすごく思いました。#ヒプステシネマをつけて感想を広めていただけたらと思います!」と会場のみなさんへのメッセージを述べ、本イベントを締めました。

 

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“「-Cinema Edit-」06

安井謙太郎さん
(飴村 乱数 役)

 

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“「-Cinema Edit-」 05

坂田隆一郎さん
(夢野 幻太郎 役)

 

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“「-Cinema Edit-」03

滝澤 諒さん
(有栖川 帝統 役)

 

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“「-Cinema Edit-」10

阿部顕嵐さん
(碧棺 左馬刻 役)

 

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage“「-Cinema Edit-」04

バーンズ勇気さん
(毒島 メイソン 理鶯 役)

 

<作品情報>

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』 Rule the Stage
《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》 -Cinema Edit-
2023年7月21日(金)Dual 3D全国公開/2023年7月21日(金)3面ライブスクリーン上映

キャスト:安井謙太郎、坂田隆一郎、滝澤 諒、阿部顕嵐、水江建太、バーンズ勇気 ほか

 

IMAGE

住岡

アニメ、漫画、2.5次元・アイドル・声優などのジャンルを一通り嗜むライター。自宅が商業BLの山に埋もれている。お笑いも好き。

オタ腐★幾星霜