広告をスキップ
『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》-Cinema Edit-

舞台『ヒプノシスマイク』Rule the Stageの「-Cinema Edit-」の公開日が7月21日(金)に決定。安井謙太郎、水江建太らキャストコメントも登場

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』を原案とした舞台『Rule the Stage』の映画館限定版「-Cinema Edit-」シリーズ《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》 が、2023年7月21日(金)に公開することが決定しました。

舞台『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(通称:ヒプステ)は、キングレコードが手掛ける音楽原作キャラクターラッププロジェクトの舞台化作品。ラップバトルや演技に加えて、ダンス、ヒューマンビートボックス、そしてプロジェクションマッピングなどの最新の映像技術が掛け合わされた、圧巻のライブパフォーマンスで多くのファンを魅了しています。

そしてこの度、ヒプステの舞台公演の映像を、映画館用にオリジナル編集した「-Cinema Edit-」シリーズの公開日が2023年7月21日(金)に決定。さらに、メインキャストによるコメント映像も解禁されました。

https://youtu.be/C3zhE0gnfMM

安井謙太郎さん、坂田隆一郎さん、滝澤諒さん、阿部顕嵐さん、水江建太さん、バーンズ勇気さんの6名全員が勢揃いし、3面ライブスクリーンの感想や魅力を語っているファン必見の映像となっています。

同作の詳細などは以下のリリースをチェック。

大人気2.5次元舞台『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stageの映画館限定のオリジナル編集版である「-Cinema Edit-」シリーズ三作目!!【3面ライブスクリーン】限定で上映!!

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』を原案とした大人気舞台『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stageの映画館限定のオリジナル編集版である「-Cinema Edit-」シリーズ。
シリーズ三作目となる『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》 -Cinema Edit-の公開日が、2023年7月21日(金)に決定いたしました。

ヒプステは、キングレコード EVIL LINE RECORDSが手掛ける音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(通称:ヒプマイ)の舞台化作品。

ラップバトルや演技に加えて、ダンス、ヒューマンビートボックス、そしてプロジェクションマッピングなどの最新の映像技術が掛け合わされた、圧巻のライブパフォーマンスで多くのファンを魅了しています。
そのヒプステの舞台公演の映像を、映画館用にオリジナル編集した「-Cinema Edit-」シリーズ。
「3面ライブスクリーン」という日本初のスクリーンで上映された前作の《どついたれ本舗 VS Buster Bros!!!》と《Bad Ass Temple VS 麻天狼》では、「見たいところが全て見られる!」「何度見ても新たな発見がある」「ここだけでしかできない映像体験」など大きな反響を呼びました。
本作でもヒプステの新たな魅力をぜひ「3面ライブスクリーン」でご体感ください!

さらに、メインキャスト6名からのキャストコメント映像も到着!
コメント映像では、メインビジュアルにも登場しているメインキャストの
安井 謙太郎、坂田 隆一郎、滝澤 涼、阿部 顕嵐、水江 建太、バーンズ 勇気の6名全員が勢揃いし、
3面ライブスクリーンの感想や魅力を語っているファン必見の映像となっています。

https://youtu.be/C3zhE0gnfMM

<「3 面ライブスクリーン」とは>
次世代のエンターテイメントの発信を目指して松竹マルチプレックスシアターズが開発した劇場スクリーンです。
可動式の 3 面スクリーンに常に映し出される迫力の映像とコンサートホール仕様のアレイスピーカー、カスタマイズされ
たデジタル音響システムで、これまで再現が難しかった舞台上の繊細な表情やダイナミックな躍動感、ミュージックライ
ブの高揚感を、まるでそこにいるかのような臨場感で体感できます。
現在、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)、熊本ピカデリー(熊本県熊本市)の 2 館に導入されています。

【作品概要】

■タイトル:『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage
《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》 -Cinema Edit-
■原 作: EVIL LINE RECORDS
■出 演:安井謙太郎 坂田隆一郎 滝澤 諒/阿部顕嵐 水江建太 バーンズ勇気 ほか
■監 督:植木 豪
■脚 本:⻲田真二郎
■配 給:ライブ・ビューイング・ジャパン
■公式 HP:【《F.P VS M.T.C》 -Cinema Edit-】

https://hypnosismic-stage-cinemaedit.jp/3/
【-Cinema Edit-シリーズトップ】
https://hypnosismic-stage-cinemaedit.jp/
【ライブ・ビューイング・ジャパン 情報サイト】
https://liveviewing.jp/hypnosismic-stage-cinemaedit/
■公式 twitter:https://twitter.com/hm_rts_ce(@hm_rts_ce)
■公 開:7 月 21 日(金)より丸の内ピカデリー・熊本ピカデリー《3 面ライブスクリーン》にて 3 週間限定上映
■©表記:©『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage 製作委員会

■設定・ストーリー:
H歴。武力による戦争は根絶された。
争いは武力ではなく人の精神に干渉する特殊なマイクにとって代わった。
その名も「ヒプノシスマイク」。
このマイクを通したリリックは人の交感神経、副交感神経等に作用し、様々な状態にすることが可能になる。
H歴3年。
人々はラップを使い優劣を決する。
男性は中王区以外のイケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、シンジュク・ディビジョン、オオサカ・
ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョン
等の区画で生活することになる。
各ディビジョン代表のMCグループがバトルをし、勝った地区は決められた分の他の領土を獲得することができる。
兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で今、男たちの威信をかけたディビジョンバトルが始まる。

住岡

アニメ、漫画、2.5次元・アイドル・声優などのジャンルを一通り嗜むライター。自宅が商業BLの山に埋もれている。お笑いも好き。

オタ腐★幾星霜