『The Stage 神々の悪戯 光と炎の約束』ゲネプロレポート!與座亘、辻諒らが北欧の神々に

掲載/更新 0
『The Stage 神々の悪戯 光と炎の約束』ゲネプロレポート!與座亘、辻諒らが北欧の神々に
4月13日より新宿村LIVEにて公演中の『The Stage 神々の悪戯 光と炎の約束』公式ゲネプロレポートが到着! ブロッコリー発売の人気乙女ゲームの舞台化第2弾である本作、與座亘さん、辻諒さんらの熱演の様子をお伝えします。
人気乙女ゲーム『神々の悪戯(あそび)』北欧篇の舞台が開幕しました。

前作"ギリシャ篇"『太陽と冥府の希望』に続いて2度目の舞台化となる『神々の悪戯』。
新宿村LIVEにて公演中の今作、『The Stage 神々の悪戯(あそび) 光と炎の約束』では、北欧神話の光の神・バルドル・フリングホルニ(與座 亘さん)と炎の神・ロキ・レーヴァテイン(辻 諒さん)それぞれのEND(バルドルEND、ロキEND)があり、どちらのルートも原作ゲームの名シーンが多く用意されています。

公式ゲネプロレポートが到着です。

ゲネプロレポート(バルドルEND)

信仰の薄れた人間と、そんな人間に興味を無くした神たちを懸念したゼウス(高田 誠さん)により箱庭の学園が作られ、「人間とは,愛とは何か」を神々に教えるため、人間代表として選ばれた少女・草薙結衣(関根優那さん)

学園の指導者・トト(松本旭平さん)に導かれ、結衣はバルドル(與座 亘さん)ロキ(辻 諒さん)、そして雷の神トール(新井 將さん)と出会います。

バルドル(與座 亘さん)

バルドル(與座 亘さん)

ロキ(辻 諒)2

ロキ(辻 諒さん)

部活や運動会などの学園生活を通して、人間の感情や考えを結衣から学ぶ神たちと結衣は徐々に打ち解けていきます。このまま無事に卒業できると思われていましたが、ゼウスは結衣にバルドルだけは卒業が難しいと宣告します。

神々の悪戯 北欧編1

草薙結衣(関根優那さん)、バルドル(與座 亘さん)

バルドルENDでは、結衣に強く惹かれるバルドルと、「バルドルに近づくな」と二人を阻むロキの言動に翻弄される結衣の姿が描かれます。

バルドルの強い求愛の中に確かな自分への愛情をみつけた結衣でしたが、バルドルは不治の病に倒れてしまいます。
結衣に辛く当たっていたロキの行動の裏にはバルドルと結衣を思う優しさがありましたが、それに気づいた時はすでに遅く、バルドルの神の力は自身でも止められないほどに膨れ上がってしまっていました。

世界の崩壊を止める為の、結衣とロキの選択は――。

ロキ(辻 諒)

ロキ(辻 諒さん)

草薙結衣(関根優那さん)、バルドル(與座 亘さん)

草薙結衣(関根優那さん)、バルドル(與座 亘さん)

24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません