中村悠一、梶裕貴も! “3.5次元”『Chèvre Note ~シェーヴルノート~』テレビ初放送決定♪

掲載/更新 0
中村悠一、梶裕貴も! “3.5次元”『Chèvre Note ~シェーヴルノート~』テレビ初放送決定♪
2019年1月に舞浜アンフィシアターにて行われた“3.5次元”エンタメプロジェクト・音楽朗読劇が、DVD/Blu-ray発売に先駆け、テレビ初放送が決定しました! 超豪華声優陣による舞台の映像が、世界最速でお届けされます♪
IMAGE
CS放送ファミリー劇場から、今年1月に舞浜アンフィシアターにて行われた音楽朗読劇『Chèvre Note ~シェーヴルノート~』を7月24日のDVD/Blu-ray発売に先駆け、テレビ初放送することが決定しました(5月19日21:00~23:35ほか)。

ライブビューイングも含め、わずか2日間の公演で約14000人を動員し、まさに伝説の舞台となったこの作品は、15世紀ヨーロッパを幻想的に妖しく表現したセット、生演奏の音楽、テクノロジーを駆使した演出で織りなされる新感覚の音楽朗読劇となっています。

出演は中村悠一さん梶裕貴さん沢城みゆきさん梅原裕一郎さん津田健次郎さん諏訪部順一さん大塚明夫さんという超豪華声優陣!
ファミリー劇場からは、この舞台の映像を世界最速でお届けされます。
豪華声優の名演と美しい旋律の音楽・照明・特殊効果とが重なりあい、紡がれる幻想的な世界を、どこよりも早く見ることのできるこの機会をお見逃しなく♪

音楽朗読劇『Chèvre Note ~シェーヴルノート~』(2019)

“3.5次元”のエンターテインメントを目指すプロジェクトがついに始動!

ソニー・ミュージックエンタテインメントが藤沢文翁さんと立ち上げた音楽朗読劇の新ブランド、「READING HIGH」の第三弾公演『Chèvre Note ~シェーヴルノート~』

15世紀、フランス軍を率いて、栄光へと導いたオルレアンの乙女ジャンヌ・ダルク。彼女はイングランド軍に捕縛され、火あぶりとなった。物語はここから始まります。

藤沢文翁さんが紡ぎ出すダークファンタジーの世界を彩るのは、実力派声優による朗読や、生演奏の音楽、テクノロジーを駆使した演出です。さあ、あなたも空想の翼を広げて“3.5次元”の世界へ。

放送概要

放送日時:
5月19日(日)21:00~23:35 ほか

キャスト:
中村悠一、梶裕貴、沢城みゆき、梅原裕一郎、津田健次郎、諏訪部順一、大塚明夫
原作・脚本・演出:藤沢文翁
音楽監督・作曲:村中俊之

美術デザイン: 野村真紀(東宝舞台)
照明デザイン: 久保良明(エヂソンライトハウス)
電飾:小池宏史(テルミック)
音響デザイン:伊藤淳也(ゼロ・ディービー)
音響効果 : 熊谷健(THINK AUDIO)
楽器:立石圭治(TEAM ACTIVE)
衣裳: 大戸美貴(東宝舞台)
特殊効果:星野達哉(スパーク)
レーザー:井上光太郎(KAST)
舞台監督:諌山喜由(ISA)
制作:Zeppライブ
協力:アニプレックス
主催:ソニー・ミュージックエンタテインメント

STORY
羊飼いの娘であったジャンヌダルクはある日、神の神託を受け神の声が聞こえるようになりお告げのままにフランス軍を率いフランス軍を勝利に導いたと伝えられている……。
しかし……それは全てある男の書いた筋書き 偽りの物語(FAKE)だった。
百年戦争末期のフランスを舞台に人と悪魔が織りなすダークファンタジー。
今、世界で最も呪われた愛の物語が幕をあける……。

音楽朗読劇「Homunculus ~ホムンクルス~」(2017年)

音楽朗読劇「READING HIGH」第一弾の『Homunculus ~ホムンクルス~』も、あわせて放送されます!

放送日時:
5月12日(日)21:00~23:10 ほか
キャスト:
諏訪部順一、梶裕貴、豊永利行、甲斐田ゆき、梅原裕一郎、関智一、石黒賢

STORY:
舞台は17世紀ヨーロッパ。弟子が見守る中、一人の男の命が潰えようとしていた。
ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーは、陶磁器の発明家として弟子たちに慕われていた。
しかし、死がまさにベトガーの人生に幕を下ろそうとするその刹那、ベトガーはまるで許しを乞うかのように話を始める。
それは、かつてヨーロッパ全土を揺るがした物語「ホムンクルス事件」。
人間が人間を作り出すという禁忌に踏み込んだ者たちの物語。

12 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません