広告をスキップ

『遊戯王』の「エネミーコントローラー」がまさかの立体化。コマンドにあわせて海馬瀬人(CV: 津田健次郎さん)が50種以上のボイスを披露する豪華仕様

バンダイは6月27日(火)、テレビアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』に登場するカード「エネミーコントローラー」を立体化した商品『エネミーコントローラー COMPLETE EDITON』の予約販売を6月27日16時より開始すると発表した。発表によると、予約受付は8月9日(水)23時までの期間限定とのこと。

本商品はバンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」から予約可能。発送は11月ごろを予定しており、税込価格は7920円となっている。

また今回の発表にあわせ、商品の要素を説明する新規映像も公開された。

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』は、高橋和希氏が執筆し1996年から2004年にかけて雑誌「週刊少年ジャンプ」で掲載されたマンガ『遊☆戯☆王』を原作とするアニメ作品である。作中では、気が弱くいじめられていた高校生「武藤遊戯」が、闇のアイテム「千年パズル」を完成させたことで新たな人格を宿し様々な出来事に直面する。

今回の発表にあるエネミーコントローラーは、同作の作中に登場する「魔法カード」と呼ばれる種別の一枚。自身のライフをコストとして支払いコマンドを入力することで、敵プレイヤーのモンスターを破壊したり生贄として捧げたりできる強力なカードとなっている。

アニメではメインキャラクターのひとり「海馬瀬人」(CV: 津田健次郎さん)による高らかなコマンド入力が話題を呼び、根強い人気がある。

今回の発表によると、本商品は十字ボタンによる上下左右とABC3ボタンの入力を組み合わせることで、コマンドに連動して津田さんの新規撮り下ろしボイスが50種以上も再生可能とのこと。また、本商品はアニメでは触れられなかったCボタンを用いてコマンドを入力することで、海馬の操るモンスター18体の召喚セリフを聞くこともできるそうだ。

ちなみに本商品の予約受付ページの記載によると、本商品はコマンド入力を失敗した際にも海馬瀬人によるオリジナルボイスが発動するという。興味のある方は予約を検討してみてはいかがだろうか。

IMAGE

うきゅう

小説の虜だった子供がソードワールドの洗礼を受けて以来、TRPGを遊び続けて20年。途中FEZとLoLで対人要素の光と闇を学び、steamの格安タイトルからジャンルの多様性を味わいつつ、ゲームの奥深さを日々勉強中。最近はオープンワールドの面白さに目覚めつつある。 Twitter:@reUQest

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

オタ腐★幾星霜