伊東健人「いよいよ全員に華が咲くのかと…!」|『華Doll*』Anthos 5thアルバム、オフィシャルコメント到着

掲載/更新 0
伊東健人「いよいよ全員に華が咲くのかと…!」|『華Doll*』Anthos 5thアルバム、オフィシャルコメント到着
好評発売中の「華Doll*1st season ~Flowering~5巻『For...』」よりAnthosのCVを務める濱野大輝さん(影河凌駕役)、伊東健人さん(灯堂理人役)、駒田航さん(チセ役)、土岐隼一さん(如月薫役)、山下誠一郎さん(結城眞紘役)、増田俊樹さん(清瀬陽汰役)のオフィシャルコメントが到着しました!
Anthos『I know,Who I am』 Official MV(Thinking reed Ver.)
アニメ、声優番組、グッズなどの制作を手掛ける株式会社ムービックから、誕生した“知的興奮型”新規コンテンツ『華Doll*』(読み:はなどーる)。
本作は、“アイドルを夢見る少年たち”=Anthos(あんとす)を中心に、彼らの成長と人生を描いたストーリーが展開していきます。

現在好評発売中の、Anthosの5thアルバム「華Doll*1st season ~Flowering~5巻『For...』」より、キャスト陣のオフィシャルコメントが到着しました!

伊東健人「いよいよ全員に華が……」

※コメント回答者:濱野大輝さん(影河凌駕役)、伊東健人さん(灯堂理人役)、駒田航さん(チセ役)、土岐隼一さん(如月薫役)、山下誠一郎さん(結城眞紘役)、増田俊樹さん(清瀬陽汰役) 以下、敬称略

――収録の感想をお願いします。

濱野:実際の量よりもボリュームを感じる、なんだかドッシリとした収録でした。それは、今まで積み上げてきた華Doll*という作品の重みなのかな?と感じています。

伊東:いよいよ全員に華が咲くのか! とワクワクしながらの収録でした。理人は華が咲くのが大分早い段階だったのでなおさらでした!

駒田:楽しかったです。ストーリーが進み、世界観やキャラクター性、またその思考が一番染みてきて挑める今回の収録だったので、全キャストつまりは全キャラクターのやり取りがより自然に伝わったらいいなと思います。

土岐:いよいよ……という感じでした。誰もが待ち望んでいた事、そして不安に思っていた事。その結末を、演者の皆様も全力で演じていました。

山下:5巻はいきなり重い幕開けなので、眞紘を演じるいつものスイッチが中々入らず大変でしたが、その試行錯誤や、眞紘の感情の変化も含めて充実した収録の時間になったと思います。

増田:眞紘……収録が辛かったです。前の話からかなり急な選択をされた、というくらい衝撃を受けました。ですが、今まで以上に6人の結束力を強く感じたのが嬉しかったです。

増田俊樹「王道展開ですよね!」

――今回のストーリーを読んだ第一印象、そして実際に演じてみて「ここはグッと来た」と思うところはどこでしたか?

濱野:「~Flowering~」というタイトルのとおり、育まれてきた絆が花開いたという印象を受けました。そして、そんなストーリー上で一際感動したのは物語最終盤~エンディングにかけてのシーンです。Antholicに早く聴いて欲しい!

伊東:眞紘の心の内側にスポットが当たるお話でしたが、まさに彼の葛藤のシーンがグッと来ました。同じく。人前に出る職業で、割と遅めのデビューの自分にも刺さりましたね。

駒田:全体を通して、最後まで開花できず皆から離れようとした眞紘のことを信じて、そのために今までだったら揃わなかったであろう足並みが揃って行動に移したところです。その際にみんなの口から出てきた言葉の数々はグッときます。特に凌駕!

土岐:今回のお話は、最初から最後まで全てがクライマックスです。みんなの紡ぐ一言一言、すべてに意味があり、強烈な印象があります。

山下:眞紘の代わりはいない、この6人だからAnthosなのだと、改めて教えられたような気がします。5人の眞紘への言葉には胸が熱くなりましたし、そう感じることが出来たのも、自分が実際にレコーディングやドラマCDの収録を積み重ねてきたからこそなのかなと。今までで一番自分と眞紘が重なったような気がします。

増田:王道展開ですよね! ある意味熱血少年誌的な、彼らみんなが一つになって困難に立ち向かう。台本を読んだ時も演じている時も、他のキャストのお芝居を聞いている時もグッときました!

駒田航「たくさんの衝突がありました…」

――いよいよAnthos6名の謎めいた過去や隠されている秘密が明らかになってきましたが、これまでを振り返ってみて、ご自身が演じるキャラクターの過去/秘密を知ったときの気持ちはいかがでしたか?

濱野:影河凌駕の秘密を知り、不思議とホッとしました。彼が他人に見せている、状況を俯瞰する冷静な性格とは違い、直情的な理由からくる秘密だったからかもしれません。人間味あって年相応でいいじゃん! みたいな(笑)。

伊東:理人の場合は家の事情、そしてチセと関係性ですが、僕は自然に受け入れられましたね。
「あ、そうなんだ」くらいの(笑)。

駒田:6人の個性が混ざり合うまでにたくさんの衝突がありました。その要因はそれぞれが抱えていた過去。チセが何かを抱えているというのは、最初、彼の言葉を咀嚼している際にすぐわかりました。ただその詳細はキャストだからといって教えてもらえたわけではないため、自分も探り探り。それが楽しかったし、トラウマを抱えていた事実、容姿への執着、その理由や悲哀に触れたときはすっきりしましたし、彼への愛情も深くなった気がします。

土岐:やはり驚きましたね。だからこそ、彼はとてもそれを大切にしている。それは意識していなければいけないなと思っています。

山下:自分が想像していたよりも根深いものでした。眞紘の人間性までも縛ってしまう問題で、彼がそれをどう乗り越えるのかずっと気になっていました。脚本を読んだときに、眞紘とともに立ち向かおうと覚悟を決めました。

増田:ほんの少しの価値観の変化というか、ほんの少しの気持ちの変化が陽汰には必要だったなと。恥ずかしくない、彼の頑張りや、今の彼はきっと過去のことも受け入れながら前を向ける。本人にしかわからな辛さや、悩みがあったんだろうと思いました。頑張り屋だから、開花する直前の彼の台本を読むのが辛かったです。

開花前と開花後での演じ分けは?

――開花前と開花後で、演じるうえで心掛けていることや気を付けていることはありますか?

濱野:唯一あるとすれば、眞紘への過保護度が際立つように気をつけたことです。

伊東:理人は開花がグループの中で早めでした。かつ本人のもともとの性格もあり、なんとなくみんなをたしなめつつも見守ろうという意識は持っていました。

駒田:開花前は自信がない故に、周りがどう考えるか意識しない発言で誇張しがち。開花後は人のことを考えられる余裕がある分素直に天然なマイペース発言になるように、と思って取り組みました。

土岐:特に意識はしていないです。開花した事で、彼の能力(ちから)は変わっても、心の中は変わらないと思ったので。それが彼の素敵なところかなと。

山下:開花したこれからが楽しみです。眞紘自身がずっと欲していたもの、これさえあればというものが手に入り、その上でこれから何を求めてゆくのか……むしろこれからが正念場のような気がしています。

増田:嬉しさ半分、開花が遅れていた時の劣等感を知っているからこそ、眞紘に対して気兼ねしてしまう喜びと哀しみが同居した不安の大きさに注視しました。
53 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません