伊藤健人「次のCDはやく!はやく!!という気持ち」|『華Doll*』Anthosキャストインタビューが到着

伊藤健人「次のCDはやく!はやく!!という気持ち」|『華Doll*』Anthosキャストインタビューが到着
“知的興奮型”コンテンツ『華Doll*』のアイドル、Anthosの2ndアルバム「Boxed」が好評発売中。それを記念して、影河凌駕役・濱野大輝さん、灯堂理人役・伊東健人さん、チセ役・駒田航さん、如月薫役・土岐隼一さん、結城眞紘役・山下誠一郎さん、清瀬陽汰役・増田俊樹さんよりコメントが到着しました。
■併せて読みたい
濱野大輝、伊東健人、土岐隼一、山下誠一郎出演!『「華Doll*」“Anthos” Debut event』イベントレポート


アニメ、声優番組、グッズなどの制作を手掛ける株式会社ムービックから、誕生した“知的興奮型”新規コンテンツ『華Doll*』(読み:はなどーる)。
“アイドルを夢見る少年たち”=Anthos(あんとす)を中心に、彼らの成長と人生を描いたストーリーが展開していく本作では、架空の芸能プロダクション「天霧プロダクション」やAnthosメンバーによるツイートやツイッターを通じた“ファンミーティング”など情報発信や交流が行われています。

2019年10月11日に記念すべき、Anthosの2ndアルバム「Boxed」が発売されたことを記念し、影河凌駕役・濱野大輝さん、灯堂理人役・伊東健人さん、チセ役・駒田航さん、如月薫役・土岐隼一さん、結城眞紘役・山下誠一郎さん、清瀬陽汰役・増田俊樹さんからコメントが到着しましたので、お届けします。

Anthos 2ndアルバム「Boxed」発売記念インタビュー

土岐隼一「薫くん自身もちょっとずつ心を開こうとしている感じがした」

――2巻の収録を終えて、改めてご自身の演じているキャラについての印象を教えてください。また、2巻まで収録をしてきて、印象が変わった部分などはありますか?

濱野: まず、種が花開いたことは大きな変化だと思います。Anthosのメンバー、プロジェクトの一員としての責任感やプレッシャーを少なからず感じていたとは思うので……この変化で、凌駕が抱える感情が出てきはじめた2巻のストーリーだったと思います。

伊東:基本的な印象は変わりませんが、理人なりに、少しずつメンバーとの距離は縮まって来たのではないでしょうか。あとはもう華が開いた者として、どう皆を見て導いていくのか、その視点が変わり始めたと思います。

駒田:さらに個人個人の過去や性格というのを掘り下げられたと感じます。大きく印象は変わりませんが、本質が垣間見えた分これからの展開がさらに楽しみになること間違いなしです。

土岐:よりそれぞれのキャラクターが、お互いを理解し合おうとする回だなと! 薫くん自身も自分からちょっとずつ心を開こうとしている感じがしていたので、今後どうなっていくのかとても楽しみです!

山下:眞紘は常に周りを見ていて、自己主張は控えめ……それは2巻でも変わらないのですが、5人との距離は少しずつ縮まっていますね。それは日々のレッスンなどを通して、眞紘が自分に自信を持ち始めている証だと思います。

増田:周りが見えすぎるが故に他人と自分がしっかりと見えてしまっている部分があるのかなと。長所と短所は表裏一体というか、彼らしい壁のぶつかり方で、そんなところも人間味があって好きになりました。
33 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは