斉藤壮馬、本棚に関する“こだわり”とは?婚約×同居『Loving House』オフィシャルインタビュー

斉藤壮馬、本棚に関する“こだわり”とは?婚約×同居『Loving House』オフィシャルインタビュー
婚約×同居をテーマにしたシチュエーションCD『Loving House(ラビングハウス)』シリーズ第2弾となる『Vol.2 一ノ瀬侑李』が5月26日(水)発売! 斉藤壮馬さんの撮りおろし写真とオフィシャルインタビューをお届けします♪
IMAGE
CDレーベル「MintLip」より、新作シチュエーションCDシリーズ、婚約×同居をテーマにしたシチュエーションCD『Loving House(ラビングハウス)』が2021年4月より4巻連続リリース中!

Vol.2のキャストは、「一ノ瀬侑李:CV.斉藤壮馬」が担当!

舞台は近未来の日本。少子高齢化を防ぐため、35歳までに誰かと婚約しなければ金銭的補助が受けられない世の中になっていた。そして巷では男女が結託し”偽装婚約”が流行。あなたも男性と手を組み、形だけの婚約することに。しかし、抜け道を阻止すべく政府が新たに発表したのは、婚約者と同居しなければいけないというとんでもない政令で――…。
この作品では、それぞれのキャラクターと偽装婚約を経て同居生活を送る恋物語をお楽しみいただけます。

そんなLoving House Vol.2より、一ノ瀬侑李役の斉藤壮馬さんのオフィシャルインタビューをお届けします!

木村良平さん、オススメの朝のルーティンは?

Q1. ご自身が演じられたキャラクターについてどのような印象がありましたか?

最初にプロフィールを見たとき、結構キケンな人なのかな?という印象がありましたね(笑)。
たしかに初めの方はザ・ヒモという感じですが、意外と自分の意志がしっかりとある子でした。一歩踏み出せていないからダウナーなのかな、とも感じましたね。思っていたよりも、侑李はずっと真面目でいい子でした(笑)。
そんな侑李がヒロインによって大きく変化して、覚悟を決めていく気持ちのいいお話でした。
演じていてすごく楽しかったです!
18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは