木村良平、前野智昭らのインタビュー後編!『俺様レジデンス』4ヶ月連続リリースがついに完結!

掲載/更新 0
木村良平、前野智昭らのインタビュー後編!『俺様レジデンス』4ヶ月連続リリースがついに完結!
大財閥・西園寺家と有栖川家の御曹司たちに振り回される『俺様レジデンス』シリーズの最新作『 ―LOVE or FATE―(ラブ オア フェイト)』!  最新シリーズ完結にあたり、武内駿輔さん、八代拓さん、斉藤壮馬さん、木村良平さん、前野智昭さん、石川界人さん、森久保祥太郎さんのオフィシャルインタビューをご紹介します。
――――愛か、運命か。最後に彼女を手に入れるのは誰だ。

オトメイトレコードより新作ドラマCDシリーズ『俺様レジデンス ―LOVE or FATE―(ラブ オア フェイト)』が2020年3月より、4ヶ月連続でリリース!

最終巻となる【第4弾】Drama 4. Episode of FATEが2020年6月24日(水)にリリース!

本作に出演する武内駿輔さん八代拓さん斉藤壮馬さん木村良平さん前野智昭さん石川界人さん森久保祥太郎さんのオフィシャルインタビューをお届けします!

武内駿輔さん&斉藤壮馬さん インタビュー

西園寺 藤 役:武内駿輔さん
西園寺 玄 役:斉藤壮馬さん


Q1:後編の台本をお読みになった際のご感想をお伺いさせて頂けますと幸いです。

武内:一番おもしろくて、おいしいところをとっとくな~って感じがしました(笑)。

斉藤:帝にも真尋にも作品的な救いみたいなものがあっていいなと思ったし、真尋のシーンを早く実際に聴きたい! と思いました。
Q2:キャラクター達の掛け合いも多かったかと思いますが、後編よりぐっときたシーンなどありましたら教えてください。

武内:帝と真尋の締め方はすごく大人な感じがするしぐっときますよね。こういう男になりたいみたいな……。帝の背中を見て思いに応える真尋や、帝のようにただ偉そうなだけじゃなくこの人には敵わないというところを見せられた部分は、男としていいシーンだなと思いました。

斉藤:真尋のシーン、特にクライマックス前後は当然印象的なのですが、帝さんがらみのシーンにぐっときました。真尋との最後の会話のシーンと、その後の一悦とのシーン。最後まで聴いてみると、帝も真尋も根本的に悪人という描かれ方ではなくて。一悦が父親に対して向き合って、ここから新たな関係性が築いていけそうなところもぐっときました。

武内:こういう親の在り方もアリというか、美しいなって思いましたね。
斉藤:今後5人が画策して三織と帝を仲良しにさせようみたいな大作戦を企てるかもよ(笑)。

武内:それいいね(笑)。

斉藤:それから、最後のリムジンのシーンで藤が「あ、やべ」でコメディの流れに切り替えてくれたからよかったですね。シリアスなストーリーも最高ですけど、ラストはいつものコメディのノリがあって、これぞサマレジ!みたいな。

武内:日常が戻ってきたみたいな感覚でしたね。
Q3:後編の聞き所をふまえつつ、CD をこれからご購入されるお客様にメッセージをお願い致します。

武内:どうでしたか皆さん!これで満足したでしょうという感じでしたね(笑)。それぐらい自信を持てるおもしろいシリーズになったんじゃないかなと思います。やっぱりサマレジのいいところって毎回レベルがアップしていってどんどん美しい人間ドラマを描いてきている部分だと思います。本当に次のシリーズにも期待していただける内容になっていると思いますので、ご感想お待ちしております。今後は家政婦との夫婦編とか子供できた編とか……思春期ぐらいの息子が出てくるのを見てみたい(笑)。

斉藤:じゃあ……玄40歳とか?(笑)

武内:そんな感じです!(笑)。子供に好きな子ができたけど聞くに聞けない…パパの悩みとか夫婦のやりとりもアリかなって。そういうのあんまり見ないですよね。

斉藤:パラレルワールドとしてありだよね(笑)。

武内:そういった想像がふくらむ作品だと思うので、これからも応援していただけたらいろんな展開があると思います。楽しんでください!引き続きよろしくお願いします。

斉藤:改めまして、最終巻までくることができました。CRAZY×ALIVE!!のときにこんなに骨太な人間ドラマをやらせていただけるのはありがたいし、聞いていただいて絶対に後悔のない素晴らしいものだと思ったのですが、ふたたびすごいボリュームのストーリーをやらせていただいて役者としても挑戦のしがいのある作品になりました。真尋という一人の男の生き様と、有栖川3兄弟と帝の家族模様、そして西園寺家含めた6人がどのような最後を迎えるのかというのを楽しみにしてもらえればなと思いますので、よろしくお願いします。今後やりたいこととしては……1回ものすごいコメディやらない?(笑)。入れ替わりとか(笑)。

武内:入れ替わり!?(笑)。

斉藤:そうそう(笑)。あとは今日やって思ったのが、西園寺はこれまで3人揃って収録できていたのですが、今回は藍役の八代(拓)くんが別録りで、そうすると全然テンポが変わるんだなということ。やっぱり、会話劇はその場で掛け合いをするからこそ生まれる空気感が何より大切だと思うので、また次の機会があるなら、みんなで収録できると嬉しいですね。SSとかまたやれたらいいな……あとは三人がタイムスリップして若いパパたちに会うみたいな。

武内:タイムスリップとかおもしろいかも!

斉藤:サマレジの世界観的に厳しそうだけど、江戸時代いっちゃった!とか(笑)。

武内:めっちゃおもしろそう(笑)。

斉藤:三織がまたSide:CRAZYみたいにやばいことになりそう (笑)。

武内:ギャー!! 電子機器がない!!ってね(笑)。

斉藤:すごくシリアスな作品を作り上げることができたと思うので逆にド直球100%コメディをやりたいなと思いますね。

武内:乞うご期待で!

八代拓さん インタビュー

44 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません