⿃越裕貴が桃太郎の転⽣者に――!? 『桃源郷ラビリンス』⼩説×舞台×実写映画で始動

⿃越裕貴が桃太郎の転⽣者に――!? 『桃源郷ラビリンス』⼩説×舞台×実写映画で始動
8⽉7⽇(⽕)に発売される⼩説『桃源郷ラビリンス』が、2019年春に舞台化、2019年秋には映画化することが決定しました!  "桃太郎が現代に転⽣したら"という設定の本作、吉備桃太郎を演じるのは⿃越裕貴さん。誰もが知る『桃太郎』を題材に、一体どのようなストーリーが展開するのか、期待が高まります。
IMAGE
以下、プレスリリースより

『桃源郷ラビリンス』⼩説×舞台×実写映画のメディアミックスプロジェクト始動

『桃源郷ラビリンス』1

2018年8⽉7⽇(⽕)に発売となる⼩説『桃源郷ラビリンス』が、2019年春に舞台化、2019年秋には映画化も決定致しました。
⽇本のおとぎ話の⼀つで、⽇本⽂化遺産にもなった『桃太郎』を題材にした、⼩説×舞台×実写映画のメディアミックスプロジェクトが始動します。

本プロジェクトは、岡⼭出⾝・在住の作家、岡⼭ヒロミが"桃太郎が現代に転⽣したら"という妄想の元『桃源郷ラビリンス』という本を執筆したことから始まりました。岡⼭県協⼒のもと2019年春には舞台化、さらに2019年秋には映画が上映されることが決定し、⼀⼤プロジェクトへと⾶躍しています。

さらに、実写映画の監督・映像はヨリコジュン、舞台の演出・脚本は菅野⾂太朗が務めることが決定。現在活躍中の2⼈演出家がタッグを組むこととなりました。
また、主⼈公で桃太郎の転⽣者「吉備桃太郎(きび ももたろう)」に抜擢されたのは、ミュージカル「⼑剣乱舞」や舞台「⽂豪ストレイドッグス」など話題作に多数出演する⿃越裕貴! 

⽇本の誰もが知るおとぎ話『桃太郎』の新たな物語がこの夏、スタートします!

小説『桃源郷ラビリンス』概要

『桃源郷ラビリンス』2

【発売⽇】8⽉7⽇(⽕)
【著者】 岡⼭ヒロミ
【イラスト】あづみ冬留
【価格】 490 円(税抜)

【あらすじ】
迷いながら、悩みながら。
ずっと――たどりつきたかった場所は、桃源郷だった。

吉備桃太郎は、岡⼭市にある古⺠家カフェ「桃源郷」の店主だ。
持ち前の⾯倒⾒の良さと天然のトラブル引き寄せの体質のせいか、桃太郎のもとには今⽇もさまざまな事情を抱えた客が訪れる。ちなみに桃太郎のひそかなコンプレックスは、ベタすぎる⾃分の名前。同じく“名前で苦労した仲間”で今は海外で仕事に就く幼なじみの⼤和尊とは、遠距離で友情を温める⽇々だ。⾏き倒れていたのをうっかり餌づけした縁で、桃太郎になついてしまった⽝養津与志もスタッフに加わり、「桃源郷」はなかなかに繁盛している。
ところがある⽇、店に不審な⼈物が現れて……︖

舞台&実写映画概要

⿃越裕貴

⿃越裕貴(吉備桃太郎役)

映画「桃源郷ラビリンス」(仮)
【公開⽇】 2019 年秋 公開予定
【監督・映像】 ヨリコ ジュン
【出演】 ⿃越裕貴 他

舞台「桃源郷ラビリンス」(仮)
【上演⽇】 2019 年春 上演予定
【演出・脚本】 菅野⾂太朗
【出演】 ⿃越裕貴 他

“桃源郷ラビリンス”の世界が舞台&実写映画でも描かれることが決定! 
カフェ「桃源郷」の店主で桃太郎の⽣まれ変わりである吉備桃太郎役に、ミュージカル「⼑剣乱舞」や舞台「⽂豪ストレイドッグス」など話題作に多数出演し、2018年6⽉には歌⼿デビューも果たすなど、さらなる活躍の場を広げる⼈気俳優の⿃越裕貴が務めます。


公式HP:http://tougenkyo-labyrinth.com/
公式twitter: https://twitter.com/tou_lab (@tou_lab)

10 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ