斉藤壮馬、花江夏樹ら豪華声優と2.5次元が融合!『絶響 MUSICA THE STAGE』ゲネプロレポートが到着!

掲載/更新 0
斉藤壮馬、花江夏樹ら豪華声優と2.5次元が融合!『絶響 MUSICA THE STAGE』ゲネプロレポートが到着!
男性俳優×声優のバディによる 新世代クロスメディアプロジェクト『絶響MUSICA THE STAGE』が開幕! 江口拓也さん、小野賢章さん、斉藤壮馬さん、諏訪部順一さん、谷山紀章さん、花江夏樹さん、森久保祥太郎さんといった豪華声優陣も声の出演をする当ステージのゲネプロレポートが到着しました。
2020年7月8日(水)、六本木・俳優座劇場にて『絶響MUSICA THE STAGE』のゲネプロが行われました。

『絶響MUSICA』は舞台を原作とする新世代クロスメディアプロジェクト「ゲキ×メン」シリーズの第一弾作品。黒田昊夢さん、林勇輝さんなどの舞台俳優と、谷山紀章さん花江夏樹さんをはじめとする豪華声優の演技が舞台上で融合し、新たな世界を作り上げます。

脚本・構成は金春智子さん『うたの☆プリンスさまっ♪」』TVシリーズ、『Dance with Devils』等)。
ビジュアルデザインは川村敏江さん『B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~』『プリキュア』シリーズ等)が担当。
舞台ファンだけではなく、アニメファンにも注目のキャスティングです。

ストーリーには音楽、バディ、青春などいくつもの要素が組み合わさり、特撮ものにも負けないほどの熱い展開が魅力的。
かつてない『音楽の力を駆使したバトルシーン』も見どころのひとつです。
オフィシャルゲネプロレポートをご紹介します。

種族の壁を超え、音楽で戦う成長のストーリー

主人公の内海ヒビキ(黒田昊夢さん)室月ミキ(林勇輝さん)のほか、キャラクタービジュアルがそのまま飛び出してきたかのような、魅力ある登場人物たち。

ヒビキは歌うことが大好きだったが、突如問題を抱えてしまう……。

葛藤しながらも前に進んでいく彼を演じるのは、本作で初めて舞台に立つ、黒田昊夢さん。
フレッシュで澄んだ演技が光る黒田さんともに、樋口裕太さん太田将熙さん安井一真さんといった、経験と実力をあわせ持つ俳優陣が、ともに作り上げていきます。
今回は一人、映像のみの出演となる輝馬さんは、「悪」の使者を率いる謎多き人物・モーヴェ役。
画面越しにもかかわらず、あふれ出る存在感と、美声、耽美な演技に魅了されること間違いなし。
モーヴェたち「悪」の使者と、ヒビキたち高校生が“陰と陽”となり、対象的な存在として表現されており、それぞれに緻密なバックグラウンドがあるということも本作の重要ポイントです。

作中で披露される楽曲の中にも、そんなバックグラウンドが垣間見られる詩や、物語が進むうえで鍵となるフレーズが潜んでいたりと、繊細な仕掛けが多数。
セリフの中だけでなく歌詞の中にも、友情と成長、音楽へ対する熱い想いが金春さんにより込められています。
また、今回“新感覚”といえる要素の一つが、人間とソノーという、種族を超え音楽を愛する者同士が惹かれあってつながる、『バディ』という存在。
舞台が進むにつれ、次々と登場するソノーたちを谷山さん、花江さん、斉藤さん、江口さん、森久保さん、小野さんといった豪華声優陣が息を吹き込み、ときにコミカルにときに諭すように舞台上にはっきりと存在感を示し物語に動きを加えます。

そんな多彩なキャラクターが登場する本作だが、今回の第一弾で語られるのは『絶響MUSICA』のプロローグ部分。三部作としての上演を予定しており、今後さまざまなキャラクターに焦点が当たっていくこととなります。
ほかにもCD、ゲームなど幅広い展開を視野に入れており、この後の展開から目や耳が離せません。


文/ハシビロコ 撮影/金子一基 編集/ナスエリカ
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません