広告をスキップ

「チラズアート」開発のファウンドフッテージ風新作ホラゲーム『自撮(じさつ)』発表。「ドキュメンタリーの撮影」をフィクションとして描くモキュメンタリ―形式を採用、年内に発売予定

独立系のゲーム開発チームであるチラズアートは12月3日、新作のホラーゲーム『自撮(じさつ)』を発表した。

本作の対応プラットフォームはPC(Steam)で、以前の発表によると2023年内に発売される予定だ。

未だゲームの詳細は明かされていないが、『自撮』はドキュメンタリーであるかのように制作されたフィクション作品のジャンル「モキュメンタリー」風のホラーゲームだ。英語での紹介文を参照すると「日本のファウンドフッテージモキュメンタリーホラーゲーム」とも紹介されている。

上記のジャンルとして『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『パラノーマルアクティビティ』といった海外の作品を踏襲するのか、はたまた“モキュメンタリ―”として白石晃士氏が手掛ける『コワすぎ!』などの“心霊ビデオ”を参照した作品となるのかに注目だ。

「チラズアート」新作ホラゲーム『自撮(じさつ)』発表_001
「チラズアート」新作ホラゲーム『自撮(じさつ)』発表_002
「チラズアート」新作ホラゲーム『自撮(じさつ)』発表_003
「チラズアート」新作ホラゲーム『自撮(じさつ)』発表_004

また、ストアページを参照するとやや生活感のあるキッチンのほか、かなり古めかしい日本家屋のマップが確認できる。マップにて「何が起こるのか」「何が目的となるのか」も現時点では不明だ。

興味がある読者は本作をウィッシュリストに登録し、チラズア―トの公式X(旧Twitter)をチェックして発売を待とう。

Steam:Jisatsu | 自撮はこちらChilla's Art|チラズアートの公式X(旧Twitter)はこちら

IMAGE

電ファミ編集部

「ゲームの面白い記事読んでみない?」 あなたの時間を奪う、読み応えたっぷりの記事をお届け! 電ファミニコゲーマーは、最先端のハイクオリティゲームメディアです。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます