『アイシールド21』の特別読み切りが2024年1月29日発売の週刊少年ジャンプ9号に掲載決定。連載21周年を記念したセンターカラー55ページ掲載のお祭りスペシャル読み切り

少年ジャンプ編集部は、今年で21周年となる人気漫画『アイシールド21』の特別読み切りを2024年1月29日発売の週刊少年ジャンプ9号に掲載すると発表した。

『アイシールド21』は、2002年から週刊少年ジャンプで連載が開始したアメリカンフットボール漫画だ。

私立泥門(でいもん)高等学校に通う気弱な高校生・小早川瀬那が、とあることから取り柄の瞬足を見出され同校のアメフト部・泥門デビルバッツにて選手名「アイシールド21」として活躍することとなり、これをきっかけに部の仲間たちとの絆をはぐくみ成長していく快進撃を描く。

本作の原作は『Dr.STONE』などでも知られる稲垣理一郎氏、作画はとなりのヤングジャンプ版『ワンパンマン』などで知られる村田雄介氏が手がける。

今回の読み切りは21周年を記念した特別読み切りとなっており、連載終了から数えるとおよそ14年半ぶりの復活。センターカラー55ページでの掲載となり、あらすじや内容については不明なものの、原作の稲垣氏によると「お祭りスペシャル読み切り」になるとしている。

『アイシールド21』の特別読み切りは、2024年1月29日発売の週刊少年ジャンプ9号に掲載予定だ。

「週刊少年ジャンプ」公式サイトはこちら

IMAGE

電ファミ編集部

「ゲームの面白い記事読んでみない?」 あなたの時間を奪う、読み応えたっぷりの記事をお届け! 電ファミニコゲーマーは、最先端のハイクオリティゲームメディアです。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜