『スカッとゴルフ パンヤ』開発元・Ntreev Softの閉鎖が決定。同社が運営する『トリックスターM』などのゲームもサービス終了へ

NCSOFTは1月4日(木)、子会社であるNtreev Softを閉鎖することを明らかにした。韓国の大手メディア「聯合ニュース」によると、同社は現地時間の2月15日(木)をもって閉鎖される予定であるとのこと。

Ntreev Softはオンラインゴルフゲーム『パンヤ』シリーズや、MMORPG『トリックスター』などの作品で知られるゲーム会社。開発スタジオ「Sonnori」を前身として2003年に設立され、2012年にNCSOFTの傘下に加わったという経緯を持つ。

同社の代表的なタイトルとしては『スカッとゴルフ パンヤ』が挙げられる。同作はすでに日本国内でのサービスを終了してこそいるものの、2004年から2017年までの約13年間という長い期間にわたって展開し、広く愛された作品だった。

「聯合ニュース」の報道によれば、この閉鎖にともない、同社が開発・運営を行っていた『トリックスター』シリーズの最新作『トリックスターM』をはじめとする複数の作品がサービス終了となる見込み。社員約70名には退職勧告も行われているという。

なお、NCSOFTの関係者は「近年の経営環境を鑑みて、Ntreev Softのゲームのサービス終了と法人整理を決定した」と説明しているとのこと。また「サービス終了まで、ユーザーの不便が無いよう最善を尽くす」としているそうだ。

Ntreev Softの公式サイト(韓国語版)はこちら

電ファミ編集部

「ゲームの面白い記事読んでみない?」 あなたの時間を奪う、読み応えたっぷりの記事をお届け! 電ファミニコゲーマーは、最先端のハイクオリティゲームメディアです。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜