【メイキング写真多数】超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』アベユーイチ監督インタビュー掲載!

【メイキング写真多数】超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』アベユーイチ監督インタビュー掲載!
2次元と3次元を行き来しながらストーリーが展開し、声優×2.5次元俳優の共演も話題の超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』。物語のクライマックスを前に、アベユーイチ監督のオフィシャルインタビューが到着しました! 現場のメイキング写真も多数掲載しています。
1月から放送中の、声優×2.5次元俳優が共演する超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』

補習中の男子高校生たちがひょんなことから次元(=Dimension)を超えて、アニメの世界に飛ばされてしまうことから始まる、アニメの世界(2次元)と実写の世界(3次元)を行き来しながらストーリーが展開する一風変わった学園ファンタジーです。主要キャラクターを演じる石井孝英さん、大塚剛央さん、橋本祥平さん、財木琢磨さん、染谷俊之さんに加え、蒼井翔太さん、江口拓也さん、諏訪部順一さんも出演し、話題となっています。

この度、本作の監督・脚本を務めるアベユーイチのインタビューが到着いたしました!

アベユーイチ監督インタビュー

●アニメ×実写ドラマという異色の作品ですが、このお話を初めて聞いた時はどのように感じましたか?

心の中で、「キターッ!」って叫びました。こういうのがやってみたかった。でもいい大人なので、表面的には「結構大変そうですね・・・で、おいくら?」と。


●脚本を作るうえで、そして演出をされるうえで、新たに挑戦されたことや特にこだわったことを教えてください。

脚本を作るうえでは、まず、自分の良く知っている範囲で構成しようと決めました。実写とアニメを行き来するというとんでもない設定なので、日常のゆるい会話では、身近な実感が欲しかったので。例えば、私はバジルやアロマティカスをベランダで実際に育ててきたので、その辺のちょっとしたリアリティで遊べるし、キャラを作れると思いました。スプーディオに梅干しというアイデアも、私が梅干しに最近ハマっているから繰り込んだネタです。
そういうこともあって、シナリオを書くのは超早かったですよ。それから私はもともと大学で物理学を専攻していたので、理系な構造の物語は大好きで。深堀できる凝った仕掛けを入れたりして、楽しかったです。

演出をするうえでこだわったのは、実写パートで言えば、カメラアングルの多さです。展開にスピード感が欲しいと考えたのと、5人がいつどの瞬間、輝くお芝居を出してきても捉えられるようにということと、正直スケジュールがあまりなかったので、一気に撮り切るために考えた方法でもあり、カメラマンさんは二人いて、カメラは常時5台あり、シーンごとにセッティングしてます。これは普通はなかなかやらないでしょうね。でも、お芝居する方は、カットごとではなくシーンまるごと一気に撮影するので、セリフを覚えるのが大変だったと思います。

それから、全体でアニメっぽい印象にする方法を模索したアイデアとして、声の扱いをどうするか考えて、実写パートもオールアフレコという体制で作りました。アニメという扱いの作品なので、作り方もアニメの作り方でやってみようということで、実写パートとアニメパートの声の音圧や音質をアニメっぽく揃えたらどういう印象の出来になるのか、ということに挑戦しています。仕上げの方法も、音を仕上げてからのちにビデオ編集をして絵を完成させるという現在のアニメの作り方を導入しています。
21 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは