鈴木拡樹のメッセージは「長く愛してください」ドラマ『虫籠の錠前』イベントレポート【後編】

掲載/更新 0
鈴木拡樹のメッセージは「長く愛してください」ドラマ『虫籠の錠前』イベントレポート【後編】
【後編はこちら!】鈴木拡樹さんと清原翔さんW主演のドラマ『虫籠の錠前』。Blu-ray&DVD BOXの発売を記念したミニトークイベント&ブロマイドお渡し会が開かれました。その模様を【前後編】に渡りレポートします!
2019年3月よりWOWOWにて放送された、「バッカーノ!」「デュラララ!!」の成田良悟先生による完全オリジナルストーリー『虫籠の錠前』。鈴木拡樹さん&清原翔さんW主演のドラマBlu-ray&DVD BOXが、6月21日より発売が開始!

そのリリースを記念してミニトークイベント&ブロマイドお渡し会が7月13日に東京都内にて開催されました。イベントにはカゴロク役の鈴木拡樹さん豊島圭介監督が登壇。【前編】に続き、その模様をご紹介します♪

■【前編】鈴木拡樹はドラマ現場でも好印象。撮影秘話を監督とトーク!『虫籠の錠前』イベントレポート

清原さんには「負けられないな」と思う部分もあった(鈴木さん)

鈴木拡樹さん、豊島圭介監督のクロストークは続きます。

『気になるキャラクター』について盛り上がったあと、鈴木さん演じるカゴロクのバディであるナナミ役・清原翔さんについて問われると……鈴木さんは「(自身が年上でも)見た目でいうとあっちがお兄ちゃんな感じがしますよね? (自分との)凸凹感もいいですし」と答えると場内は笑いに包まれます。
そして「清原くんは撮影以外は静かで、黙々と台本に向かい合っているようなタイプだったと思います。だからこそ『負けられないな』と思う部分もあったので、良い相乗効果になっていたんじゃないかと思います」とコメント。

さらに二人が対峙する場面ではリハーサル以上のものぶつけ合えたので、もっと自分も越えて演じなければこれは押さえられないぞと感じた、と真剣な表情で話す鈴木さん。
豊島監督は「清原くんは主演を務めるのは初めてで、まだ慣れていないため芝居に『照れ』があったのですが、最終回、ナナミは妹の死など重いものを背負っているし、これはちゃんとした芝居をしてもらわないと困ると思い……。撮影前日に『明日大変なシーンだけど分かってる?』から始まる長文のLINEを送りました(笑)」と暴露。

これには場内も大爆笑! 翌日の撮影で清原さんは見事に演じきったそうです。
後半には、その清原さんからビデオメッセージもあり、『ガンアクション、CG場面など色々勉強させてもらうことが多かった』と、飄々とした中にも熱い輝きを見せていました。
34 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません