広告をスキップ
:映画『東リベ2』タケミチ×ヒナタ×ナオト PV

映画『東リベ2』タケミチ×ヒナタ×ナオトのファン必見PVが解禁。タケミチとヒナタの「癒し」シーン、信頼を寄せあうナオトとの関係性が伝わる

原作の『東京卍リベンジャーズ』(著・和久井健)、通称『東リベ』は「週刊少年マガジン」51号にて完結を迎えたばかりの話題作。主人公・花垣武道がタイムリープ能力に目覚め、元恋人が殺害される運命を変えるべく、元凶の暴走族チームで人生をリベンジする姿を描いた人気作で、TVアニメや舞台とさまざまなメディアミックス展開を続けています。

2021年7月に公開された実写映画では、北村匠海さん、山田裕貴さん、吉沢亮さんなどの豪華俳優陣の出演も話題に。同映画の続編として『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 –運命-/-決戦-』が公開予定となっています。

そしてこの度、主人公・タケミチ(北村匠海さん)と人生唯一の彼女・ヒナタ(今田美桜さん)、ヒナタの弟でありタイムリープのトリガーでもあるナオト(杉野遥亮さん)のキャラクターPVが解禁されました。

 

今回解禁されたキャラクターPVは、再び過去へ戻りもう一度“大切な人”を取り戻す決意を見せるタケミチとナオト、現代と過去それぞれで再会を果たしたタケミチとヒナタの愛おしい時間が描かれています。

:映画『東リベ2』タケミチ×ヒナタ×ナオト PV

「ヒナには、いつも笑っててほしい」と自分の気持ちを伝えるタケミチに、「私はずっと笑ってるよ。タケミチくんが一緒にいてくれれば」と笑顔で答えるヒナタの姿は、激しいアクションが描かれる劇中でも〈癒やし〉といえるシーン。ヒナタに待ち受ける運命を知るタケミチの悲しみと、絶対に助けるという気持ち、そしてそんな未来を知る由もないヒナタの笑顔と優しさが見る者の心を揺さぶります。

映画『東リベ2』では、ナオトにとって過去へのリベンジを果たしたタケミチは「本物のヒーロー」になり、全幅の信頼を寄せ合う2人の関係性の変化にも注目。3人の温かくも深い所で結ばれた心温まるPVは、ファン必見です。

映画やPVの詳細は以下のリリース全文でチェック。

キャラクターPV第二弾

溢れる優しさと愛おしさに癒やされる!!
【タケミチ×ナオト×ヒナタ】解禁!!
「ヒナには、ずっと笑っててほしい」
大切な人の笑顔を守るため、泣き虫ヒーローが“運命”に立ち向かう

世界累計発行部数が7,000万部を超え(2023年3月時点)、遂に2023年1月に堂々の連載完結となった「東京卍リベンジャーズ」。
仲間のために命をかける男たちの熱い絆、心震える名言の数々、そして何があっても諦めず何度でも立ち上がる主人公・タケミチの姿は、多くのファンの心を掴み、一昨年2021年7月9日に実写映画として劇場公開した映画『東京リベンジャーズ』は、最終興行収入45億円、観客動員数335万人を記録、2021年劇場用実写映画№1の大ヒット作となった。

そして、前作から約2年の時を経て、観客を魅了したドラマとアクション、キャラクターに宿るキャスト陣の熱き想い、全てがスケールアップして帰ってくる―。原作でも屈指の人気を誇り、ファンのなかでも「最も泣ける」と絶大な支持を集めるエピソード、【血のハロウィン編】を満を持して実写化!『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』が4月21日(金)、『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』が6月30日(金)に公開!前編、後編にわたり珠玉のエピソードを実写化する。

前作に引き続き、主人公・タケミチを演じる北村匠海をはじめ、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮という錚々たる布陣が続投。

そして、「血のハロウィン編」最重要キャラクター3人を演じるのは、永山絢斗、村上虹郎、高杉真宙。人気、実力ともに申し分のないオールスターキャストが集結。スタッフ、そしてキャスト全員が【最もやりたかったエピソード】と語り、全身全霊を込めて作り上げた、前作を遥かに凌駕する“最高傑作”が誕生した。

熱き心で繋がるキャラクターたちの絆を捉えた、
キャラクターPVが4週連続解禁!!
第二弾は主人公・タケミチ(北村匠海)と人生唯一の彼女・ヒナタ(今田美桜)
ヒナタの弟でありタイムリープのトリガーでもあるナオト(杉野遥亮)編!!
現代で再会を果たしたタケミチとヒナタの愛おしい時間を捉えた場面写真も解禁!

人生唯一の彼女だったヒナタが凶悪化した東京卍會に殺され、逃げっぱなしだった自分の人生に終止符を打ち、そして最愛の人であるヒナタを救い、失ったものを取り戻し、リベンジを成し遂げた前作。

:映画『東リベ2』タケミチ×ヒナタ×ナオト PV

しかし、全てを変えたはずだった現代で再びヒナタが東京卍會に殺され、彼女を救うために過去へと戻るタケミチ。そこでタケミチは、東京卍會結成メンバーを襲った“ある悲しい事件”の真相とヒナタの死が関連していることを知る。ダメダメだったタケミチをいつも肯定し、時には背中を押しながらタケミチを守る優しさを持つヒナタ、そして、ヒナタの弟であり凶悪化した東京卍會を追い詰めようと刑事になったナオト。

:映画『東リベ2』タケミチ×ヒナタ×ナオト PV 03

10年の時を経ても変わらないタケミチとヒナタの両者を繋ぐ想い、“もう二度とヒナタを失わない”と決意するタケミチとナオトの揺るぎない信頼関係が描かれる「血のハロウィン編」は、前作を遥かに超える3人の絆が描かれる。

今回解禁されたキャラクターPVは、再び過去へ戻りもう一度“大切な人”を取り戻す決意を見せるタケミチとナオト、現代と過去それぞれで再会を果たしたタケミチとヒナタの愛おしい時間が描かれている。

現代で再会を果たした2人の微笑ましいやり取りと、ぎこちない空気に思わずツッコミを入れるナオトの姿は、前作でのタケミチの奮闘によって取り戻した未来だ。

しかし、永遠に続くはずだった幸せも長くは続かなかった―。「ヒナには、いつも笑っててほしい」と自分の気持ちを伝えるタケミチと「私はずっと笑ってるよ。タケミチくんが一緒にいてくれれば」と答えるヒナタの姿は、激しいアクションが描かれる劇中でも〈癒やし〉といえるシーンであり、ヒナタに待ち受ける運命を知るタケミチの悲しみと、絶対に助けるという気持ち、そしてそんな未来を知る由もないヒナタの笑顔と優しさが見る者の心を揺さぶる映像だ。

全編を通して緊張感が続く本編の中でも前作と変わらない空気で穏やかなシーンとなったタケミチ、ナオト、そしてヒナタのシーン。

前作では、ナオトに背中を押されて過去へ戻り、少しずつ成長していくタケミチの姿が描かれていたが、本作では自ら過去へ戻り、再び姉を亡くしたナオトを鼓舞する姿が映し出されている。

自分の過去へのリベンジを果たした〈泣き虫ヒーロー〉は、ナオトにとっての〈本物のヒーロー〉として、強く逞しくなってスクリーンに帰ってきた。全幅の信頼を寄せ合う2人の関係性の変化にも注目だ。

そして、タケミチとヒナタのシーンについて、北村は“ヒナタの空気に包まれていく感覚”で撮影をしていたと語っている。タケミチの身にどんなことがあっても変わらない笑顔で迎え入れるヒナタの優しさが全編に渡って描かれており、お互いが救いの存在としてスクリーンで輝きを放っている。岡田プロデューサーも今田について「ヒロインとしての風格が前作より増していた」と、男性だらけのキャスト/キャラクターの中で可憐な存在感を残していると太鼓判を押している。

キャラクターPVは、前編「-運命-」のキャラクターPVとして毎週水曜日のAM7時に、4週連続で解禁中。次回4月5日(水)解禁される映像にも是非ご期待いただきたい!※後編「-決戦-」のキャラクターPVも今後解禁予定

【作品情報】

◇タイトル:
前編:『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』(4月21日(金)公開)
後編:『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』(6月30日(金)公開)
※クレジット表記におきまして、前編、後編の両方をご掲載お願いいたします。
(※2は半角数字、血のハロウィン編の前後に半角スペース、-は半角ハイフンマイナス)

◇原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』KC) ◇監督:英勉 ◇脚本:髙橋泉 ◇音楽:やまだ豊
◇主題歌:SUPER BEAVER「グラデーション」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
◇出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/永山絢斗 村上虹郎 高杉真宙/間宮祥太朗/吉沢亮
◇配給:ワーナー・ブラザース映画
◇©和久井健/講談社 ©2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会
◇公式サイト:tokyo-revengers.jp ◇公式Twitter:@revengers_movie #東京リベンジャーズ2
◇公式Instagram:@revengers_movie ◇公式TikTok:@revengers_movie

【STORY】
凶悪化した東京卍會によってタケミチの目の前で再び、ヒナタが殺された。ヒナタを救う鍵は、一人一人が仲間のために命を張れる、東卍結成メンバー6人(マイキー、ドラケン、場地、三ツ谷、パーちん、一虎)を引き裂く“悲しい事件”にあった。
東卍の敵側幹部になった一虎と、敵に寝返った場地。かつての親友たちは何故戦わねばならない運命になったのか。
「君が助かる未来にたどり着くまで、絶っ対ぇ折れねぇから!」果たして、タケミチは過去に戻り、ヒナタを、仲間の未来を救えるのか。

IMAGE

住岡

アニメ、漫画、2.5次元・アイドル・声優などのジャンルを一通り嗜むライター。自宅が商業BLの山に埋もれている。お笑いも好き。

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜