磯村勇斗、神木隆之介を絶賛『ホリック xxxHOLiC』舞台挨拶レポート。“色気”指導で壁ドンも!?

掲載/更新 0
磯村勇斗、神木隆之介を絶賛『ホリック xxxHOLiC』舞台挨拶レポート。“色気”指導で壁ドンも!?
公開中の映画『ホリック xxxHOLiC』でアカグモを演じた磯村勇斗さんと、監督の蜷川実花さんが登壇するトークイベントが実施されました。アカグモ誕生の背景やセクシーさを求められた演技始動、撮影中の神木龍之介さんについてなどさまざまなトークで盛り上がりました。
原作は累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミックを、『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで実写映画化した『ホリック xxxHOLiC』が、現在絶賛公開中です。

5月16日(月)には、劇中でアカグモを演じた磯村勇斗さんと、本作の監督を務めた蜷川実花さんによる公開後トークイベントが実施され、主演の神木隆之介さんの自由過ぎる撮影中のエピソードから、蜷川監督の好きを集めたアカグモのキャラクターについて、さらにはほかの映画にはないセクシー所作指導の話まで内容盛りだくさんのトークが繰り広げられました。

磯村「僕にとっても新たな挑戦でした」アカグモ誕生の背景とは

CLAMPの人気漫画を原作にした本作ですが、磯村さんが演じたアカグモは映画唯一のオリジナルキャラクターで、ヒトでありながら女郎蜘蛛(吉岡里帆さん)を崇拝し、手下として暗躍するという役どころ。

蜷川監督はアカグモが誕生した背景について「原作のキャラクターがみんな素晴らしく、役割がハッキリしている中で、何巻もある原作を短くまとめる時に、自由に動けるオリジナルのキャラクターがいたらいいなというところからスタートしています。女郎蜘蛛の手下なら、カッコいい男の子がいいんじゃないかと思って(笑)、『こうだったらいいのにな』という思いを詰め込みまくって作りました」と説明しました。
こうした経緯もあって、蜷川監督にとっても思い入れの強いキャラクターとなったアカグモ。
「その熱い思いが現場でも伝わったみたいで、それがそのままプレッシャーになってたと思います……(笑)」と磯村さんに対し、少し申し訳なさそうに語りました。

衣装合わせの段階から、蜷川監督のアカグモへの熱量は凄まじかったそうで、磯村さんは「乙女でしたね(笑)。『アカグモは私の理想を詰め込んだから!』という話も伝えていただいていて、これは何としてもしっかりと、蜷川さんが求めるものにしなきゃというプレッシャーもありましたが、やってて楽しかったです」と振り返りました。

蜷川監督の映画に参加するのは初めてですが、過去に磯村さんは何度も蜷川監督に被写体として撮影されたことがあり「好みや世界観、どういう人物が好きかといった理解はあったので、それを頭に入れながら、アカグモを作っていきました」と思いを述べました。

僕にとっても新たな挑戦でした。色気を出していかないといけないし、ドMであり、ドSであるという二面性もあって、かなりの変態だと思うので (笑)、どう演じようか悩みもありました」と難しさを口にする場面も。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません