『弱虫ペダル』が小説化! 1・2巻が同時発売♪

掲載/更新 0
『弱虫ペダル』が小説化! 1・2巻が同時発売♪
大人気コミック『弱虫ペダル』が、ノベライズされます♪ 原作マンガのカットがたっぷり挿入されているほか、おまけページも充実♪ 1・2巻が同時発売の予定です!
IMAGE
株式会社岩崎書店から、「週刊少年チャンピオン」で連載中の大人気自転車漫画「弱虫ペダル」(渡辺航先生・作、秋田書店刊)をノベライズ化した『小説 弱虫ペダル』の刊行がスタートします。1・2巻は、2019年10月15日に同時発売されます♪

累計2500万部超! 大人気漫画が「小説」に!

「弱虫ペダル」は、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中の、自転車競技を題材にした人気スポーツ漫画。コミックは現在63巻まで刊行され、累計部数はなんと2500万部超!
アニメ化、舞台化、テレビドラマ化もされたほか、直近ではサイクリングイベント「ツール・ド・東北2019」とコラボするなど、さまざまなメディアミックス展開が行われています。
ますます人気の高まる「弱ペダ」ですが、連載がスタートした12年前、小中高生だった読者も、いまや大人。
「弱虫ペダル」というタイトルは知っていても、作品は読んだことがないという子どもがたくさんいます。
そこで、現在の小中学生、さらには漫画を読まない人たちにも、この作品の面白さを知ってほしいと企画されたのが、「弱虫ペダル」のノベライズ化です。

「活字離れ」を食い止めたい 児童書出版社の願い

背景には、「活字離れ」をなんとかして食い止めたいという、児童書出版社としての切なる願いがありました。
YouTubeやゲームに時間をとられ、大人も子どもも、本を読まなくなっている今、「活字離れ」を食い止めたい、「読書の面白さ」に気づいて欲しい。同時に、岩崎書店の児童文庫レーベル「フォア文庫」を活気づけたい、という思いからスタートしたこの企画。
それには、知名度が高く、ストーリーが抜群に面白い作品を、手に取りやすいカタチの「読み物」で提供しよう!ということで、選び抜いた作品が、この「弱虫ペダル」です。企画したのは、連載開始当初から「弱ペダ」の大ファンだった、営業部員М。
原作出版社の秋田書店に、作品への熱い思いと、児童書版元から小説版を出すことの意義を伝え、幾多のハードルを乗り越えて、ノベライズ化が実現。秋田書店の全面協力の下、今秋めでたく『小説 弱虫ペダル』発売の運びとなりました。

『小説 弱虫ペダル』特集サイト→https://www.iwasakishoten.co.jp/special/contents/pedal/ (10/1公開予定)

『小説 弱虫ペダル』の読みどころ

主人公の小野田坂道が、総北高校自転車競技部に入部し、経験者に混じって「1年生対抗ウェルカムレース」に挑戦するところから始まる『小説 弱虫ペダル』
坂道くんが、往復90キロの秋葉原(アキバ)までの道を毎日ママチャリで通っていたエピソードから、エリートロードレーサーの今泉俊輔や浪速のスピードマンの鳴子章吉らとの出会い、ダイナミックなレースの模様など、原作のストーリーに沿って、スピード感あふれる文章で描かれています。

特筆すべきは、渡辺航先生の漫画のカットがふんだんに挿入されていること。カットの入れ方も、漫画のコマ風に一手間ふた手間工夫をこらしているから、「弱ペダ」の空気感・躍動感にたっぷりひたれます。
漫画につられて、気がついたら文字を読み進めていた、ということも。読書が苦手な人、特に男の子におすすめです。

活字ならではの魅力もあります。ストーリーの背景となるエピソードや、登場人物それぞれの気持ちを、文章でじっくり楽しめるのが、小説版の醍醐味。
自転車競技部の仲間、クラスメート、応援する人とされる人、さまざまな関係性や心理描写がより深く描かれているから、読み応えたっぷり。普段、漫画を読まない方も、これなら抵抗なく物語に入っていけることでしょう。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません