【神々しい…】灯台擬人化プロジェクト「燈の守り人」が宮城県石巻市にふたりのキャラクターを贈呈。大須埼灯台と金華山灯台のビジュアルが公開

掲載/更新 0
【神々しい…】灯台擬人化プロジェクト「燈の守り人」が宮城県石巻市にふたりのキャラクターを贈呈。大須埼灯台と金華山灯台のビジュアルが公開
全国の灯台をキャラクター化する「燈の守り人(あかりのもりびと)」プロジェクトは11月22日(火)、同プロジェクト製作委員会のプロデューサーである柴田英知氏が宮城県石巻市の齋藤正美市長へ表敬訪問、キャラクターの贈呈式を実施しました。
全国の灯台をキャラクター化する「燈の守り人(あかりのもりびと)」プロジェクトは11月22日(火)、同プロジェクト製作委員会のプロデューサーである柴田英知氏が宮城県石巻市の齋藤正美市長へ表敬訪問、キャラクターの贈呈式を実施しました。
「燈の守り人(あかりのもりびと)」プロジェクトは、灯台の化身である燈の守り人たちを描く大河ファンタジープロジェクト。各地の灯台をオリジナルストーリーとともにキャラクター化し、広い層にその魅力を届けることを目標としています。
今回贈呈されたのは、「大須埼灯台」と「金華山灯台」のふたりのキャラクター。大須埼灯台はキャラクターボイスを松野太紀さんが務めるとのこと、公式サイトでは好物や誕生日、身長などといったプロフィールが掲載されているほか、基となった灯台の情報も掲載されています。
なお、金華山灯台のページはまだ公開されていないものの大須埼灯台とあわせて公開されたキャラクタービジュアルとセリフからは神々しい雰囲気を感じることができます。

キャラクターの贈呈にあたっての、齋藤市長と柴田プロデューサーからのコメントは以下のとおり。

<齋藤正美市長コメント>
おいら岬の灯台守りはつまり’’守”。海を守りそして我々漁業者をしっかりと漁船漁業、小舟だったり大型船だったりそれを守るにふさわしい灯台であり、灯台の恩恵というのはこの地域漁業水産業にとってはかかすことはできない大きな存在だと思っています。これをもって灯台の燈の守り人をしっかりと認識いただいて、我々は観光の一助、そして交流人口の拡大にこれを活用させていただきたい、その思いでいっぱいでございます。

<柴田プロデューサーコメント>
大須埼灯台と金華山灯台はキャラクターも対照的であれば、灯台も遊び方も対照的です。大須埼灯台は、駐車場が整備されていて、そこから集落の一風変わった屋根も見え、遊びに行って触れ合えるような灯台になっています。金華山灯台は直接行くのはすごくハードなので、クルーズなどの手段で外から思いをはせていただくような灯台になっています。なのでそれぞれの遊び方をしていただけたらなと思います。

「燈の守り人(あかりのもりびと)」プロジェクトでは、すでに約90灯台がキャラクター化しているほか、オリジナル脚本による音声ドラマ、各灯台の音声ガイドなどが展開されており、2023年春には漫画アプリにてコミックの連載開始も予定されています。

(執筆:anymo)

リリース全文は以下のとおり。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません