『月刊ニュータイプ』4月号、表紙は『コードギアス』!中島かずき(脚本家)×早乙女兄弟の対談も

『月刊ニュータイプ』4月号、表紙は『コードギアス』!中島かずき(脚本家)×早乙女兄弟の対談も
『月刊ニュータイプ』4月号が本日3月9日発売です! 本誌では舞台『髑髏城の七人』、TVアニメ『天元突破グレンラガン』などを手がける脚本家の中島かずきさんの新連載がスタート。初回ゲストは早乙女太一さんと早乙女友貴さんです!
IMAGE

中島かずき(脚本家)連載開始! 初回は早乙女兄弟登場

『月刊ニュータイプ』3月9日発売の4月号より新連載が開始となります。その名も「中島かずきと役者人」

劇団☆新感線の座付き作家であり、TVアニメ『天元突破グレンラガン』『キルラキル』などを手がけてきた、脚本家の中島かずきさんが、役者たちに切り込んでいく対談企画、ニュータイプ本誌にて開幕!

脚本に込めた思いと演じる思い。文字で表現したものと体やセリフで表現するもの。つくった者と発する者、双方の思いが交差します。

初回となる今回は、ほぼ同時期に劇場アニメーション『プロメア』舞台『偽義経冥界歌』、それぞれ中島かずきさんが脚本を手がけた作品に出演する、早乙女太一さん・早乙女友貴さんの兄弟鼎談!

これまでの出会いや、演じていくことなど、中島かずきさんがお2人に切り込んでいます。ここだから聞ける「中島かずきさんへの質問」なども掲載!


【中島かずき(なかしま・かずき)】
福岡県生まれ。劇作家、脚本家。’85年より座付き作家として劇団☆新感線に参加。代表作に舞台『髑髏城の七人』、TVアニメ『天元突破グレンガラン』『キルラキル』など。本年はほぼ同時期に舞台・劇場アニメーションが上演・公開される。

<<作品情報>>
◆劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎
『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』
■公演日程:3月21日(木)まで大阪・フェスティバルホール、
4月2日(火)~7日(日)金沢・金沢歌劇座、
4月18日(木)~21日(日)松本・まつもと市民芸術館、
'20年2月東京、4月福岡公演
http://www.vi-shinkansen.co.jp/niseyoshitsune

©2019『偽義経冥界歌』

『プロメア』
■5月全国公開
https://promare-movie.com/

©TRIGGER・中島かずき/XFLAG

13 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは