伊東健人「アツい展開にワクワク!」|『華Doll*』Anthos 4thアルバム、オフィシャルコメント到着

掲載/更新 0
伊東健人「アツい展開にワクワク!」|『華Doll*』Anthos 4thアルバム、オフィシャルコメント到着
好評発売中の「華Doll*1st season ~Flowering~4巻 『Message』」より濱野大輝さん(影河凌駕役)、伊東健人さん(灯堂理人役)、駒田航さん(チセ役)、土岐隼一さん(如月薫役)、山下誠一郎さん(結城眞紘役)、増田俊樹さん(清瀬陽汰役)のオフィシャルコメントが到着しました! 
アニメ、声優番組、グッズなどの制作を手掛ける株式会社ムービックから、誕生した“知的興奮型”新規コンテンツ『華Doll*』(読み:はなどーる)。
本作は、“アイドルを夢見る少年たち”=Anthos(あんとす)を中心に、彼らの成長と人生を描いたストーリーが展開していきます。

現在好評発売中の「華Doll*1st season ~Flowering~4巻 『Message』」より、本CDに出演するメインキャスト陣からオフィシャルコメントが到着しましたので、ご紹介します!

収録の感想は?

『華Doll* 1st season~Flowering~4巻 「Message」』出演メインキャストよりオフィシャルコメント>
※コメント回答者:濱野大輝さん(影河凌駕役)、伊東健人さん(灯堂理人役)、駒田航さん(チセ役)、土岐隼一さん(如月薫役)、山下誠一郎さん(結城眞紘役)、増田俊樹さん(清瀬陽汰役) 以下、敬称略


――収録の感想をお願いします。

濱野:今回の収録もとても有意義でした! Anthosのメンバーの絆が深まるに連れ、キャストの皆さんとの絆も育まれていっているように感じます。

伊東:だんだんとお話の核に近づいて来ました! 理人はいつも一歩先を見ているし、頭の回転も速くてすごい人だなぁ……と思いながら収録しました。

駒田:短いスパンで収録を重ねているため、これまでの『華Doll*』の世界観も新鮮な感覚として残ったままやれているので、とても楽しかったです。

土岐:ここまできたか、というのがストーリーを読ませて頂いた直後の感想です! まだまだ核心には遠いのかもしれませんが、明らかに今までと違う雰囲気がただよっているなと!

山下:定期的に『華Doll*』の仕事があって、嬉しいです。楽曲のテンション・勢いとは裏腹に、どんどん不安定になっていく眞紘を演じるのは繊細で難しかったです。「飾らず、素直に、周りをよく見ること」、これは眞紘を演じる上でのルールなのですが、今回はそれが今までより難しく、その分、これまで見たことのない表情・声を発見することができました。

増田:だんだん彼らが世間とぶつかっていくシリアス感にひりつきました。閉鎖的なストーリーではなく、世界と向き合う彼らの葛藤がおもしろいです。

「ここはグッと来た」と思うところは?

――今回のストーリーを読んだ第一印象、そして実際に演じてみて「ここはグッと来た」と思うところはどこでしたか?

濱野:第一印象……ついにひとつの確信が見えてくるのかな? という感じです。その中で影河凌駕を演じて、少し複雑な場面もありましたね。グッときたのは、天霧社長と理人の父の激シブシーンです!

伊東:理人と凌駕のやりとりのシーンです。「一気に来たな……!!」と、動き的には静かなシーンでありながらも、アツい展開にワクワクしました。

駒田:チセが、会話の中では基本的に一方通行なことが多かった中で、今回は相手を想いやったり、どう思うかを問うシーンがあります。とても成長や絆を感じたお気に入りのところです。

土岐:4枚目となりAnthosのメンバー達もかなり成長していました。関係性も1枚目とかなり変わっていて、嬉しくなってしまいました!

山下:眞紘を演じる身としては、「いよいよこの時が……」という心境です。最後まで咲かなかったという悲愴感、苦渋……けれどもメンバーの優しさや、絆が深まってきていることに喜びもある。最後のシーンで本音を吐露したとき、今まで溜め込んでいたものをようやく解き放って、次に進めるのかなと思いました。

増田:今回の話は陽汰の感情がたくさん揺れ動くので、台本を読んだ時にちょっとプレッシャーを感じましたね。陽汰がメンバーと言葉を紡ぎ、改めて関係を深めていくシーンは、グッとくるシーンだと思ったので聞いて欲しいです!

ストーリーの核になるこの場面……どのような気持ちで?

――ついに『華Doll*』プロジェクトの真実が、Anthosの口から語られていきます。ストーリーの核になるこの場面を演じているときは、どのような気持ちでしたか?

濱野:Anthosメンバーとの絆が出来上がってきたからこそ複雑でした……。ただ、演者としては負の感情は全くなく、むしろ演技を楽しみました。

伊東:さっきのコメントとちょっと被っちゃいましたね(笑)。それはもうワクワクです、内心は! 次のお話ではどんなことが明らかになるのか楽しみです。

駒田:チセ自体は直接まだ核に触れた会話には参加していません。ただ核に迫る断片的なシーンやきっかけに彼はいて、影響を強く受けています。とても感情が揺さぶられ不安になる彼の姿は手に取るように分かったからこそ丁寧に繊細に考察しました。

土岐:怖くもあり、でも知りたいという気持ちでした。メンバー達が今後どうなっていくのか、一体、このプロジェクトの真意はなんなのか、言い方が適切ではないかもしれませんが、本当にワクワクしていました。

山下:外様の人からすれば、種を埋め込むなんてありえない、「怖い」、「気持ち悪い」。そう思われても仕方のないことだと理解はしていました。けれど、陽汰の言葉にも、Anthosのみんなの想いにも、確かな希望・尊さ・熱意がある。だからこそ、この6人でなきゃいけないのだなと改めて気付かされました。眞紘としては複雑でも、きっと彼の中の純粋な想いは、本心は受け止めてくれていると信じています。

増田:どんなジャンルにおいても新しい挑戦を受け入れてもらうのは簡単なことではなく、若い彼らもそれを承知の上で世間に訴えかけています。並べる言葉・真実以上に、信念・心を誠実にぶつけなければ成立しないシーンだと感じました。

キャスト6人で何かをするなら?

――Anthosたちが久しぶりの休みを喜び、休日の予定を立てています。みんなで出かけようと話していますが、もし丸々1日、休みがとれ、本作品出演しているキャスト6人で出かける/何かをするとしたら、何をしたいですか?

濱野:海に行きたいです! ビーチで海水浴とBBQ! 沢山喋って笑って、食べて遊んで仲をより深めたいですね!

伊東:やっぱり……遊園地ですかね! 遊びながら仕事とは関係ない話をずーっとしていたいです。

駒田:海や登山など、360度自然に囲まれるようなところに行って、ゆっくりとした時間を共有したいです。

土岐:みんなで何かの舞台を見に行ってみるとか! そんなことがしてみたいですね。

山下:無人島に行って、共同生活がしてみたいです!

増田:夢の国に行きたいです!! たしかメンバーのなかに、夢の国に凄く詳しい方がいらっしゃるはずなので!!
43 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません