伊東健人「アツい展開にワクワク!」|『華Doll*』Anthos 4thアルバム、オフィシャルコメント到着

伊東健人「アツい展開にワクワク!」|『華Doll*』Anthos 4thアルバム、オフィシャルコメント到着
好評発売中の「華Doll*1st season ~Flowering~4巻 『Message』」より濱野大輝さん(影河凌駕役)、伊東健人さん(灯堂理人役)、駒田航さん(チセ役)、土岐隼一さん(如月薫役)、山下誠一郎さん(結城眞紘役)、増田俊樹さん(清瀬陽汰役)のオフィシャルコメントが到着しました! 
アニメ、声優番組、グッズなどの制作を手掛ける株式会社ムービックから、誕生した“知的興奮型”新規コンテンツ『華Doll*』(読み:はなどーる)。
本作は、“アイドルを夢見る少年たち”=Anthos(あんとす)を中心に、彼らの成長と人生を描いたストーリーが展開していきます。

現在好評発売中の「華Doll*1st season ~Flowering~4巻 『Message』」より、本CDに出演するメインキャスト陣からオフィシャルコメントが到着しましたので、ご紹介します!

収録の感想は?

『華Doll* 1st season~Flowering~4巻 「Message」』出演メインキャストよりオフィシャルコメント>
※コメント回答者:濱野大輝さん(影河凌駕役)、伊東健人さん(灯堂理人役)、駒田航さん(チセ役)、土岐隼一さん(如月薫役)、山下誠一郎さん(結城眞紘役)、増田俊樹さん(清瀬陽汰役) 以下、敬称略


――収録の感想をお願いします。

濱野:今回の収録もとても有意義でした! Anthosのメンバーの絆が深まるに連れ、キャストの皆さんとの絆も育まれていっているように感じます。

伊東:だんだんとお話の核に近づいて来ました! 理人はいつも一歩先を見ているし、頭の回転も速くてすごい人だなぁ……と思いながら収録しました。

駒田:短いスパンで収録を重ねているため、これまでの『華Doll*』の世界観も新鮮な感覚として残ったままやれているので、とても楽しかったです。

土岐:ここまできたか、というのがストーリーを読ませて頂いた直後の感想です! まだまだ核心には遠いのかもしれませんが、明らかに今までと違う雰囲気がただよっているなと!

山下:定期的に『華Doll*』の仕事があって、嬉しいです。楽曲のテンション・勢いとは裏腹に、どんどん不安定になっていく眞紘を演じるのは繊細で難しかったです。「飾らず、素直に、周りをよく見ること」、これは眞紘を演じる上でのルールなのですが、今回はそれが今までより難しく、その分、これまで見たことのない表情・声を発見することができました。

増田:だんだん彼らが世間とぶつかっていくシリアス感にひりつきました。閉鎖的なストーリーではなく、世界と向き合う彼らの葛藤がおもしろいです。
43 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは