ドラマ『中学聖日記』で注目! 岡田健史が20歳の誕生日に初のファンミーティングを開催「20歳の最初の日に…とても光栄です」4000人がお祝い!

掲載/更新 0
ドラマ『中学聖日記』で注目!  岡田健史が20歳の誕生日に初のファンミーティングを開催「20歳の最初の日に…とても光栄です」4000人がお祝い!
2018年にTBSドラマ『中学聖日記』で有村架純さん演じる教師に恋する中学生、黒岩晶役で俳優デビュー後、一躍注目を浴びた岡田健史さんが、ベルサール汐留で初のファンミーティングを開催!

今注目の俳優岡田健史さん、20歳の抱負を博多弁で

5月12日に20歳の誕生日を迎えた岡田健史さんが、ベルサール汐留で初のファンミーティングを開催しました。

2018年にTBSドラマ『中学聖日記』で有村架純さん演じる教師に恋する中学生、黒岩晶役で俳優デビュー後、一躍注目を浴びた岡田さん。
ファンミーティングは3部構成で、約4000人が集まるほどの盛況ぶり。
ちなみに6月12日(水)発売の、ファースト写真集『鼓動』も、発売前にすでに重版が決定しているそうです。

イベント前の記者会見で、20歳の抱負を地元の博多弁でお願いします! と質問された岡田さんは、
「責任も増えてくると思いますし、1年前にこの事務所に所属した時の気持ちや初心を忘れずに、また20歳の新しい区切りで気を引き締めて、再スタートを切っていこうと思っとうよ
と少し照れた表情でコメント。

デビュー以来、ファンと触れ合うのはこの日のファンミーティングが初めてだそうで、
「まだ1作品しか出ていない自分がこんなに大きな会場で、たくさんのファンの方々との接触はとても楽しみですし、それを20歳の最初の日に迎えられたことはとても光栄です」
と嬉しそうに答えました。
さらに、注目のきっかけとなった、『中学聖日記』を振り返った岡田さんは、
「たくさんの方々に反響をいただいて、自分自身の人生、役者としての人生。どちらの道においても、すっごく大きな時間だったと思います。役者としていろんなことを学ばせていただきましたし、自分自身としても大きな分岐点となる決意もあったので、あの4か月間、素敵なスタッフ、キャストさんのもとで黒岩晶という男の子の人生を生きる機会をいただけたことは、本当に大きなことだった」
と、しみじみ語っていました。

20歳を迎え「唯一無二の役者になりたい」力強く語る

ちなみに、前日の5月11日(土)は地元・福岡のヤフオクドームで福岡ソフトバンクホークスVS千葉ロッテマリーンズの試合前の始球式に登場し、119キロの直球を投げ込み、観客の歓声を浴びた岡田さん。
「子どもの頃から高校まで11年にわたって野球を続けてきて、野球で学んだことが、自分の人生の基盤です」
と語る一方、『中学聖日記』で得たものについても、
「野球にしても、作品を作るということにしても、組織の中にいろんな人がいて、その中で自分が何をできるか? 何をやるべきか? ひとつの目標に向かっていくアプローチ、プロセスが(野球も作品づくりも)一緒だと気づけたことが一番の成長だと思います」とキッパリ。

改めて昨年1年間を振り返ると? の質問には、
「激動の1年でした。生活スタイルも変わったし、野球をやっているときとは身体もすごく変わりました。刺激や新鮮なものがたくさんあり、簡単に言えば忙しい…。それは仕事ではなく、感情、感じているものが忙しかったという意味です」
と振り返っていました。

節目の20歳を迎え、役者としての今後については、
「唯一無二の役者になりたい。自分にしか表現できないことを増やして、おじいちゃんになっても『岡田健史が見たい』と言ってもらえる役者になりたい」と力強く目標を語っていました。
そしてその流れで、挑戦してみたい役柄についての質問も飛び出し、「カーアクションやガンアクションなど、男の子なら誰もが憧れるところはやってみたい」と答えた一方で、「30代、40代、50代になったときにいい演技ができるように、今はいただいた役を全力で生きて、その中で自分がどう見えるか? どんな役割を果たせて、何ができなかったのか? など、自分を知る期間にしたい」
と一生懸命言葉を選びながらのコメントに誠実さを感じました。
また、プライベートでは「ピアノをやってみたい」とも。
「学生の頃からの友だちでピアノが上手な子がいて、それを見てカッコいいなと尊敬していたんです。最近、ピアノの曲も聴き始めていて、ジャズピアノとかも弾けるようになれたらいいなと思います」と明かし、
さらに死ぬまでに必ず行ってみたいところとして、“ボリビアのウユニ塩湖”をあげていました。

この日はちょうど“母の日”ということで、
「昨日、福岡に帰って始球式をやらせていただいて、そのときのユニフォームをプレゼントし、実家で母には20歳になっての区切りの思いというか『これからもよろしく』ということを伝えました」と岡田さん。
母親思いの優しい一面も覗かせていました。

岡田健史さんプロフィール

14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません