花江夏樹「メンバーに対して甘える面を出せた」|『DIG-ROCK RUBIA Leopard Vol.3』オフィシャルインタビュー

掲載/更新 0
花江夏樹「メンバーに対して甘える面を出せた」|『DIG-ROCK RUBIA Leopard Vol.3』オフィシャルインタビュー
「Impish Crow(インクロ)」「RUBIA Leopard(ルビレ)」の二組のバンド物語を描くドラマCD『DIG-ROCK』シリーズより新作『DIG-ROCK RUBIA Leopard Vol.3』が2020年1月22日発売! 全3巻で描かれたルビレの物語について、メンバーを演じる古川慎さん、石川界人さん、佐藤拓也さん、花江夏樹さん、駒田航さんのオフィシャルインタビューが到着しました。
――囀りを響かせ、唸りを上げろ。
DIG-ROCK(ディグロック)

本作は、数々の人気タレントが所属する芸能事務所「DIGNITY PRODUCTION(ディグニティ プロダクション)」を舞台に、人気インディーズバンドとして活躍している「Impish Crow(インピッシュ クロウ)」と若者から圧倒的支持を集め、今一番勢いのある「RUBIA Leopard(ルビア レパード)」の二組のバンド物語を描くドラマCD。

「Impish Crow(インピッシュ クロウ)」はインディーズとして活躍する中、とあるマネージャーの声をきっかけに事務所へと所属となるルーキーバンド。夢を諦めないポジティブさをテーマに、ツグミの伸びのある声とトキによる歌詞、力強いロックが特徴。略称は「インクロ」。バンドモチーフは「カラス」。

キャストは、天真爛漫“秘めたる才能”ヴォーカリスト「野中つぐみ(のなか つぐみ)」に内田雄馬さん、一諾千金“愛されリーダー”ギタリスト「水川叶希(みずかわ とき)」に江口拓也さん、泰然自若“天然たらし”ベーシスト「葉山充弦(はやま みつる)」に羽多野渉さん、外柔内剛“毒舌王子”ドラマー「柴咲雲雀(しばさき ひばり)」に立花慎之介さん、インクロを担当するマネージャー「飛倉奏空(とびくら そら)」に伊東健人さんを起用。

DIG-ROCK Impish Crow Vol.3

DIG-ROCK Impish Crow Vol.3 ジャケットイラスト

「RUBIA Leopard(ルビア レパード)」はライブツアーも大盛況、音楽業界を盛り上げている人気バンド。アカネによるまっすぐな想いが込められた歌詞と圧倒的な歌唱力、枠にこだわらない様々な楽曲が特徴。略称は「ルビレ」。バンドモチーフは「茜色の豹」。

キャストは、天下無双“完璧王様”ヴォーカリスト「日暮 茜(ひぐらし あかね)」に古川慎さん、碧血丹心“忠実堅物”ギタリスト「時任黒乃(ときとう くろの)」に石川界人さん、流麗飄々“女好きのモテ男”ベーシスト「冬木真白(ふゆき ましろ)」に佐藤拓也さん、察言観色“しっかり者の最年少”ドラマー「墨染妃志(すみぞめ はいじ)」に花江夏樹さん、ルビレを担当するマネージャー「巌原獅紀(いわはら しき)」に駒田航さんを起用。

DIG-ROCK RUBIA Leopard Vol.2 ジャケットイラスト

DIG-ROCK RUBIA Leopard Vol.2 ジャケットイラスト

豪華声優陣を起用した個性豊かな八名のバンドメンバーは、誰しもが「応援したくなる」「推したくなる」キャラクターたちを揃え、男の子同士の友情や葛藤、アーティストとして活躍する彼らを存分に楽しめる作品となっています。

バンド毎交互に三巻ずつリリースされるCDには、ツグミ(CV.内田雄馬さん)とアカネ(CV.古川慎さん)によるキャラクターソングが毎巻収録され、本編と合わせて楽曲も楽しめる仕様。また、楽曲をイメージしたアーティスト写真やPV、バンド毎のSNSやファンクラブ等も順次公開予定となっており、「実在するような」アーティストを目指していきます。

この度、2020年1月22日(水)に『DIG-ROCK RUBIA Leopard Vol.3』が発売!
発売を記念して“ルビレ”の声優陣のインタビュー、そしてキャラクターソングを歌唱したアカネ役・古川慎さんの単独インタビューが到着しました。

『DIG-ROCK RUBIA Leopard Vol.3』ルビレ声優陣 インタビュー

Q1.収録を終えてのご感想をお願いいたします。

古川さん:楽しかったです!ルビレとして全3巻と聞いていたので、台本を頂いたときもこれで終わってしまうのかと思っていたんですけど、いざ読んでみると「続ける気満々だな!」と伝わってくるような熱い内容になっておりました(笑)。今回はハイジの過去が描かれた物語だったのですが、他のメンバーも同様に過去のエピソード等で新たな面を見ることができるんじゃないかなと今後が楽しみになる収録でしたね。これが最終巻だとは思わず「DIG-ROCK」の続編として台本を頂ける日を夢見て、今このインタビューを答えさせて頂いております!


石川さん:今回のお話は神経がヒリヒリしましたね……!前回はシンプルにマシロに怒っていることが多かったんですが、今回はシリアスに叱ったり心配したりとクロノ的に命に関わるかもしれないという緊張感があったので、僕自身も声の音圧を考えつつ演じた分少し疲れました(笑)。


佐藤さん:寂しいです……。これからじゃないですか、新曲も作ってやっとエンジン掛かってきたのに!(笑) 先ほどフリートークを収録しているときに「全3巻だ!?」と改めて気付いたときは衝撃でした。……もっとやらせてください!


花江さん:収録しながらも全3巻ということを忘れておりまして……!(笑) 内容も全然続けられそうな雰囲気があったのでびっくりしましたが「DIG-ROCK」シリーズは結構短いスパンで今までの収録を行っているので、僕も今以上に作品とキャラクターへの愛着を湧かせるためには続編も作ってもらってもっともっと演じていかないと!と、今回のハイジの物語を演じてより感じました。


駒田さん:今回はハイジのことが掘り下げられているお話だったんですが、3巻までを通して各キャラクターの色々な部分を見てきたからこそ「ここで終わり!?」となりました。今まで聴いてきてくださった皆さんは続きが気になると思いますし、さすがDIG-ROCK!焦らしていらっしゃる……!(笑) 一旦物語は一区切りになるかと思うのですが、3巻の内容自体はすごく次が見えましたね。聴いて下さる方のイマジネーションを更に膨らませるように終わった雰囲気なので次に期待しつつ、何度も今までのシリーズを聴き直してもらえたらと思います!

巌原獅紀(いわはら しき)役:駒田航さん

巌原獅紀(いわはら しき)役:駒田航さん

Q2. ルビレとしてドラマCD 3巻目となりましたが、前回と比べてご自身のキャラクターやバンドメンバーへの印象の変化などは御座いましたか? 演じる際に意識したポイントも御座いましたら、合わせてお聞かせください。

古川さん:全体の印象はそこまで変わっていないですが、アカネについては「王様」から「バンドのメンバー」になったかなと思いました。3巻までのエピソードを通して見えてくるメンバー同士の信頼の厚さっていうのがものすごく感じられて、アカネの初期の印象からは違う方向にいっているなぁと。バンドや音楽に熱くて面倒見も良い、メンバーのこともしっかりと信頼しているいい人になりました(笑)。あと、掛け合いをテンポよくやりたかったので、なるべく普段の喋り方に近くなるように意識しながら演じています。


石川さん:2巻を経てクロノのマシロに対する対応が変わっているんです!普通に会話することもあればブチ切れることもあるんですが、切れ方もちゃんと険悪にならない言葉遣いをしているんですよ。絶妙な語彙のバランスだなと思いました(笑)。演じる側としてもあまりニュアンスに細かい部分を入れなくても、セリフだけでマシロへの裏打ちされた信頼感が出ていたのでやりやすかったですね。ハイジへの心配の仕方も今まではアカネさんへの忠誠心が大きく前に出てましたが、それだけではない普段からクロノがもっている「相手を慮る気持ち」がすごく見えたのかなと思いました。


佐藤さん:極端に何か変わったかといわれるとそんなことはないんですが、マシロくんの「青臭いバンドになったね」というセリフがあった通り、最初のころのルビレのイメージって今売れまくっている勢いのあるバンド!ダサいことなんてしないぜ!みたいな感じだったんです。そんな彼らが2巻と3巻を通して意外と年相応の悩みやれぞれに抱えているものがあったり、まだまだ未完成な印象に変わっていきましたね。あと、いつもは意識してないかもしれないですけど、いうてみんな青臭いですよ!(笑) そういう部分も全力で4人でやれている感があって、僕はよりルビレが好きになりましたね。

冬木真白(ふゆき ましろ)役:佐藤拓也さん

冬木真白(ふゆき ましろ)役:佐藤拓也さん

32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません