用語集

伝書鳩(でんしょばと)

掲載/更新 0
伝書鳩(でんしょばと)
用語集テストバナー

意味

「伝書鳩」(でんしょばと)とは、ある配信者に対し他の配信者の発言や行動などの情報を、視聴者がコメントでリークすること。またリークしている視聴者自身のこと。

主に配信界隈で使用されるインターネットスラング。
「伝書鳩行為」「鳩行為」「鳩」などと呼ばれることもある。

どういう行為が「伝書鳩」になる?

配信者Aのゲーム配信において、視聴者が「配信者Bは、こういう技を使っていた」とコメントした場合、コメントした視聴者は「伝書鳩」であり、「伝書鳩をしている」状態でもある。
語源は古くから存在する「鳩を使って情報を第三者に伝える」通信手段。
配信中のコメント以外にも、Twitterのリプライや、マシュマロへの投稿などでおこなう場合もある。

ネガティブに受け取られることも

配信界隈では、ネガティブな意味で使われることが多い。
本題と関係ない話を持ち出すことになったり、伝わらなくていい情報が伝えられてしまったりするため、荒らしと認識されることもあるため、不用意な「伝書鳩」には注意されたい。
8 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません