用語集

ライバー用語(らいばーようご)

掲載/更新 0
ライバー用語(らいばーようご)
用語集テストバナー

意味

そもそも「ライバー」とは、ライブ配信サービスを通じて、視聴者向けの配信活動をおこなっているユーザーのこと。あるいは活動によって収益があるユーザーのこと。

ライバーは芸能人、YouTuber、バーチャールYouTuber(Vチューバ―)、一般人など多岐にわたる。
これらの活動にまつわる様々な用語を「ライバー用語」と呼ぶ。

リアルタイムライブをする人!

テレビやリアルライブとの違いは、視聴者がライバーの配信に対してコメントや「いいね」をつけられること。さらに、活動の応援やその配信を盛り上げるために有料アイテムによる「投げ銭」を送ることができるものも。

ただし、一部のYouTuberやVTuberなど、いわゆるリアルタイムのライブ配信をまったくしていないユーザーやコンテンツについて、ライバー用語が使用されることもある。
この場合、ユーザーを「ライバー」と呼ぶことは少ない。

語源は英語の「live+er」。
「ライブ配信をする人」の意。

どんなコンテンツで配信される?

ライブ配信サービス・アプリの一例:
17LIVE
Pococha
SHOWROOM
ZAIKO
Twit Casting(ツイキャス)
Instagram:写真や動画投稿のSNSだが、ライブ機能がある
YouTube:動画配信プラットフォームだが、ライブ機能がある

それぞれアーカイブや投げ銭など機能の有無、またユーザー層などに違いがある。
複数のサービスに登録し、場面によって使い分けているライバーも多い。
8 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません