用語集

いのちの輝き(いのちのかがやき)

掲載/更新 0
いのちの輝き(いのちのかがやき)
IMAGE
用語集テストバナー

意味

「いのちの輝き」とは、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)に決定したロゴマークの通称。
2020年8月25日にロゴマークの最優秀作品が発表されると、生物にも見えるような造形が話題に。

また、大阪・関西万博のテーマが「いのち輝く未来社会のデザイン」だったことから、インターネット上で「いのちの輝き」という愛称が見られるようになった。「いのちの輝きくん」などの呼ばれ方も。

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)ロゴマーク

プレスリリースより

なぜこのロゴマークに…?

同万博のコンセプトは「未来社会の実験場」で、ロゴマークの制作者は「1970年万博のDNAを表現した」と、ロゴマークに込めた思いを述べている。

ロゴマークのデザインに影響を与えたのは、大阪万博の象徴である「太陽の塔」、ならびに、その生みの親である故・岡本太郎氏。本ロゴマークのキーワードは「細胞」と明かしているとおり、輪状に連なる赤い球体は「細胞」をイメージしたもので、目に見える部分は「核」とのこと。

早くも輝きだしたいのち

「大阪らしくていい」「一回見たらなかなか忘れられない」「かわいいモンスターのよう」「生命の豊穣と強靭性を象徴するような印象を受ける」などの好意的な意見がある一方で、「芋虫が合体して蠢いているようにしか見えない」「気持ち悪い」「怖い」など否定的な受け取られ方も少なくない。

独特な形状から、イラスト、漫画、ゲーム、人形、パン、音楽など様々な分野で「いのちの輝き」を元ネタにした創作物や商品が作られ、SNSを賑わせた。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません