用語集

荒らし(あらし)

掲載/更新 0
荒らし(あらし)
用語集テストバナー

意味

「荒らし」(あらし)とは、不特定多数が見られるウェブサイト(掲示板やSNS、コメント欄など)で、他者が不快に感じるような書き込みをする行為。
またその行為をするユーザーのこと。

「荒らし」が使われるようになったのはいつ?

語源は、日本語の「荒らし(=乱す、破壊する、傷つける)」から。
ウェブサイトのルールや雰囲気、他ユーザーの精神などを害するため。

1998年ごろには、チャットや掲示板で使われるようになっていた。
荒らし行為は、インターネットにコミュニケーションサイトが登場した初期から発生していたとみられる。

「荒らし」の使い方は?

使用例:
「また私の掲示版が荒らされてる」
「コメント欄に荒らしが現れた」
「あの人荒らしだよね」
近年は悪質な荒らし行為が、電子計算機損壊等業務妨害罪や脅迫罪、名誉毀損罪などで事件化されるケースもあるため、言うまでもないが「荒らし行為は禁止です」。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません