広告をスキップ
numan用語集「サブスク」

サブスク(さぶすく)

「サブスク」の意味

「サブスク」(さぶすく)とは、「サブスクリプション(Subscription)」の略語で、「定期購読」のことを指す。

具体的には、あるサービスや商品を一定期間ごと、定期的に支払いを行ない、継続的に利用することを指す。近年では、音楽ストリーミングサービスやビデオストリーミングサービス、雑誌や新聞のデジタル版、美容や健康などの定期購入型のサービスなど、多くの業界でサブスクリプションのビジネスモデルが採用されている。

例えば、音楽ストリーミングサービスを利用する場合、毎月一定の金額を支払うことで、音楽を聴き放題にすることができる。また、ビデオストリーミングサービスを利用する場合、同様に毎月一定の金額を支払うことで、映画やドラマを見放題にすることができる。他にも、雑誌や新聞のデジタル版の定期購読、美容や健康などの定期購入型のサービスなど、多くの業界でサブスクリプションのビジネスモデルが採用されている。

サブスクリプションビジネスモデルは、顧客にとっては、毎月の支払いが予測可能であるため、予算管理がしやすくなるというメリットがある。また、提供側にとっては、安定した収益が得られるため、事業の安定化につながるというメリットがある。

サブスクリプションビジネスモデルは多様な業界で注目され、新しいサービスや商品が次々と登場している。ただし、定期購読の解約手続きが煩雑であったり、サービスや商品の内容が定期的に更新されない場合には、顧客離れが起こる可能性があるため、提供側は顧客ニーズに合ったサービスの提供が必要となっている。

「サブスク」の由来・語源

「サブスクリプション(Subscription)」ビジネスモデルは、新聞や雑誌などの出版業界が最初に採用し、その後、音楽や映画などのエンターテインメント業界にも広がっていった。

業界の具体的な媒体等は、例えばiTunes StoreやAmazonのKindleストアなどのデジタルコンテンツ配信サービスに代表される。また、この後、NetflixやHuluなどの動画ストリーミングサービスが登場した。

当略語は、定期購読型のビジネスモデルが急速に普及したことにより、ビジネス用語として一般化していった。特に、IT業界でのサービス提供においては、サブスクリプションビジネスモデルが主流となっており、このような業界では当用語「サブスク」が頻繁に使われるようになっている。

「サブスク」の活用例

A「最近、Netflixの新しいドラマを見始めたんだよ」
B「ああ、それってサブスクで見るんだろう?」
A「そうそう、毎月払ってる定額制で見れるんだ」
B「テレビ番組とかも見放題だから便利だよね」

C「最近、ダイエット中でさ。でも、外食するとついついカロリー高いものを食べちゃって…」
D「そんなときは、定期購読の食材宅配サービスがいいよ。低カロリーで栄養バランスもいいし、手軽に作れるよ」
C「へえ、そんなサブスクもあるんだ」

E「この服、かわいいけどちょっと高いなあ」
F「それ、サブスクのファッションサービスならもっとお得に買えるよ。毎月洋服が届くし、返品も無料だから、自分に合った服を探す手間も省けるよ」

G「最近、オンライン英会話を始めたんだけど、なかなかうまくいかなくて…」
H「そんなときは、サブスクのオンライン英会話サービスがいいよ。マンツーマンで先生と話せるから、自分のペースで学べるし、毎月の料金もお得だよ」

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜