用語集

逆トリップ(ぎゃくとりっぷ)

逆トリップ(ぎゃくとりっぷ)

意味

トリップの逆で、異世界の人物がこの世界(地球)にやってくるという空想物語のジャンル。

逆トリップをする者は過去、未来の地球人はもちろん、異世界人、宇宙人、異種族など多岐にわたる。

逆トリップを扱う作品では、異世界からやってきた者が現代社会で生活する上でのギャップ、戸惑いを描くのがお約束である。

また、異世界からやってきた者は一人暮らしの現代人の前に現れ、居候をするなどして住みつくことが多い。これも異世界人を障害なく受け入れ、物語をスムーズに進行させるためのお約束と言える。

2 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ

関連用語