用語集

バルス(バルス)

意味

スタジオジブリ制作、宮崎駿監督の長編アニメ『天空の城ラピュタ』に登場する滅びの呪文。

作中に登場する天空城“ラピュタ”内で“飛行石”を手に持って唱えると、ラピュタ中枢にある巨大飛行石の核が射出され、同時にラピュタ全体が空中分解を起こし、最終的に崩壊へと向かう。
“バルス”とはラピュタ語で“閉じよ”という意味であるが、インターネット上では崩壊や破壊の意味として用いられ、ネタ的な扱いをされている。

日本テレビの金曜ロードショーなどで放送される際、Twitter上では放送を見ながら実況ツイートを行う人が多く、中でもこの“バルス”という呪文を唱えるシーンでは、みな一斉に同単語をツイートするため、サーバーに多大な負荷がかかる。
2011年12月9日23時22分ごろの発動時には、Twitterのツイートが25088ツイート/秒に達し、当時の世界記録を更新。(※2013年1月1日00時00分ごろに多くの人がツイートした“あけおめ”が世界記録となり、バルスの記録は2位となった)
2013年8月2日に放送された際には、ツイート数が143199ツイート/秒となり、“あけおめ”の世界記録を大幅に超え、再び“バルス”が1位に。

“バルス”の発動は、本編開始から1時間55分5秒後、ムスカの「3分間待ってやる」の発言から65秒後が目安である。CMの状況によるが、午後11時22分の前後1~2分と言われている。

瞬時に大多数の人が滅びの呪文を発する日本やばい……と思いながらも、ついついこの波に乗ってしまうのは、ジブリ作品を見て育った人のさがなのかもしれない。
その一方で、このバルス祭り離れも起こっている、とも言われている。

4 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!