用語集

エモい(えもい)

意味

心の動揺を伴うような感情・感動を意味する英語emotion(エモーション)を略したものに、形容詞化する接尾語をつけたもの。

心に強いインパクトを与えられる様を示し、特に哀愁的で切なく、寂しいといった感情表現に使われることが多い。この言葉はミュージシャンや音楽ファンよってに使われ始め、次第に音楽以外のジャンルへと普及していった。

例えば音楽の良さを表したい時には、「あのバンド超エモい。ライブのMC、エモすぎ……」、そこから派生して、何だか心揺さぶられる時に、「昔の写真マジエモい」、「さっきのでエモ極まった感じ」等、場所を選ばずどこにでも使える言葉となっている。

音楽やファッションを指して使われることが多く、エモロック、エモコアといったジャンルも確立されていることから、オタクにとっては少々オシャレすぎる言葉ともいえる。ゆえにオタク達の間ではそれほど浸透したスラングではなく、あえてオサレ感を出すために調子に乗ってこの言葉を使った者が仲間からキョトンとした目で見られる様は、非常にエモいことだろう。

なお、2000年代前半に当時の女子高生たちの間で“エロくてキモい”の略語として流行したが、現在、この用途で使われることはほとんどない。

”今年の新語2016”ではエモいが第2位にランクインされ、話題に

三省堂による”辞書を編む人が選ぶ今年の新語2016”では、エモいが第2位にランクインされ、今後の辞書に掲載されるかも? と当時話題となった。

ちなみに、”今年の新語2016”の第1位は、”ほぼほぼ”。
おおむねその通りという言葉で使われているが、ニュアンス的には”ほぼ”とあまり変わりはない。
第3位は”ゲスい”。第4位は”レガシー”、第5位が”ヘイト”となっていた。

TVアニメ化でざわつく『ポプテピピック』でもエモいが使われている

また、WEBコミックサイト”まんがライフWIN”で連載中の4コママンガ『ポプテピピック(ポプテピ)』(著:大川ぶくぶ)でもエモいという言葉が用いられている。

『ポプテピピック』は、時事ネタやブラックネタ、風刺ネタなどを元としたパロディーが特徴の4コママンガで爆発的人気を博している。

この記事もオススメ!

9 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!