用語集

リーマン(りーまん)

意味

サラリーマンの略。月給を貰って働く男性を指し、ネット上ではしばしばそのような男性を嘲笑する意味で用いられることが多い。

サラリーマンはその生活基盤を特定企業に依存していることが多く、これを揶揄して社畜や会社の犬と呼ばれるケースも見受けられる。時代に応じて様々なイメージが作られているが、近年では過労死といった社会問題も影響し、どうしてもネガティブな印象が強くなってしまっている。さらに非正規雇用の増加という社会問題を背景に、正規雇用者であるサラリーマンへの嫉妬的な意味合いを持つケースも見受けられ、言葉に含まれる感情は複雑化しつつある。

しかし全てのサラリーマンが没個性的ではなく、内には熱い魂を秘めた企業戦士も数多く存在する。彼らの多くがバイブルとして愛読しているのが、マンガ『島耕作シリーズ』である。1980年代前半の日本経済中成長期からバブル期を経て姿を変えてゆく日本経済と共に、大企業間の競争、内部の派閥争い等を乗り越えて成長してゆくサラリーマンが主人公の物語となっている。作中に登場する経営行動は実際の有名企業をモデルとしており、ビジネス書として活用することも可能である。

なお、2008年に発生したリーマン・ショックの“リーマン”はアメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ ブラザーズ・ホールディングスのことであり、これとは意味が異なる。

2 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!