用語集

バウムクーヘンエンド(ばうむくーへんえんど)

掲載/更新 0
バウムクーヘンエンド(ばうむくーへんえんど)
用語集テストバナー

意味

「バウムクーヘンエンド」(ばうむくーへんえんど)とは、結ばれそうなほど仲の良い2人組の片割れが、別の相手と結ばれること。
「AがBと別の相手の結婚式に参列し、その後ひとりぼっちで引き出物のバウムクーヘンを食べるような結末」から発展した。

バームクーヘンエンドが生まれたのはいつ?

発祥は2012年のTwitterにおける、一般ユーザーのつぶやき。

実際に、このようなシチュエーションの元ネタ作品があるわけではなく、二次創作のBLカップリングに基づくネタが拡散され、周知されるようになった。
そのため腐向け作品で使用されることが多い表現でもある。

どんな組み合わせが該当する?

バウムクーヘンエンドとされる組み合わせ:

・『デジモンアドベンチャー』八神太一と武之内空
お互いに恋愛感情を匂わせる描写があり、公式サイトに「大本命のベストカップル」と記載されたこともあったが、作中で空が別キャラに想いを寄せ、太一は恋心を隠す。その後それぞれ別キャラクターと結婚する。

・アニメ『ポケットモンスター』サトシとカスミ
当初お互いに恋愛感情を匂わせる描写が多かったが、次第に減少。その後『ポケットモンスターXY』にて、サトシが別の女性キャラと事実上結ばれている。
ただ、「結ばれるかと思ったのに」という感覚はあくまで個人の解釈であることが多いため、発言シーンには注意した方が無難。
カップリング論争と深く関わるテーマであり、過去にはSNSの炎上に繋がったこともある。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません