用語集

ヒンナ(ひんな)

掲載/更新 0
ヒンナ(ひんな)
用語集テストバナー

意味

「ヒンナ」(ひんな)とは、アイヌ語で「感謝」「ありがとう」を表す言葉。

野田サトルによる漫画『ゴールデンカムイ』の食事シーンで描かれたことにより、広く世間に知られるようになった。
実際は日本語の「どうも」といった言葉に近く、使われるのは食事の場面とは限らない。

「ヒンナ」=「美味しい」ではない?

『ゴールデンカムイ』では、アイヌ料理を口にした主人公の杉元佐一やアシㇼパが、「ヒンナヒンナ」とつぶやくようなシーンが多い。
「ヒンナ」と発するキャラクターの表情は、ほっぺたが落ちるような幸せそうなもの。
文脈的に「美味しい」という意味としてとらえられがちだが、実際のアイヌ語では食べ物を口にする際の「いただきます」と「ごちそうさま」を含めた感謝の言葉が「ヒンナ」となる。

アイヌ民族の少女・アシㇼパは作中で「食べ物に感謝する言葉」という説明をしていた。

アイヌ語で「美味しい」を表す言葉は「ケラアン」や「ケラピㇼカ」。
ケラは「味」、アンは「ある」で、「味がある」=「美味しい」という意味。
「ケラピㇼカ」は「味が良い、美味い」という意味だ。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません