広告をスキップ

【2022年最新】若者言葉ランキング!1位「tosツイ」3位「限界オタク」4位「ちいかわ構文」etc. 流行のJK語を総まとめ、人気マンガ発の用語も

若者言葉や我々オタクがよく使う用語をまとめたnumanの人気コンテンツ「用語集」。

その中から、2022年上半期、女子高生など若者に人気のあった言葉を集計し、ランキング形式で紹介します!
あのマンガや映画で使われていた言葉もランクイン!

第1位 tosツイ

2022年上半期、もっとも注目されたのは「tosツイ」。
Twitterのコメントの最初に「@tos」とつけたツイート。フォロワーのタイムラインに表示されない、誰に読ませる意図もないツイートとして重宝されていましたが、2022年2月に@tosアカウントの凍結が解除されたため、注目が高まったようでした。

■tosツイ
https://numan.tokyo/words/fzoOr

第2位 ひよってるやついる?

元ネタは、大人気マンガ『東京卍リベンジャーズ』に登場する、マイキー(本名・佐野万次郎)のセリフ。
カッコよさからSNSなどでも話題になり、若者たちの間でも人気に。「JC・JK流行語大賞2021上半期」のコトバ部門第3位にもランクインしました。

■ひよってるやついる?
https://numan.tokyo/words/MNd3g

第3位 限界オタク

第3位は、オタク用語から。
「限界オタク」は、行動や言動の気持ち悪さや痛々しさが、許容量の限界を超えたオタクを指す言葉。元々は自虐的な意味合いで使われていましたが、最近は「推しの愛ゆえに語彙力や表現力が限界を迎えてしまったオタク」というポジティブな使われ方もしているようです。

■限界オタク
https://numan.tokyo/words/tGCPo

⇒次ページ
第4位は、小さくてかわいいやつが使うアノ言葉……ッ

第4位 ちいかわ構文

「なんか小さくてかわいいやつ」がたくさん出てくる、『ちいかわ』のキャラクターが使っているセリフや文法を真似た文章を「ちいかわ構文」という。「…って、コト!?」「ハァ?」「なっちゃったからにはもう…ネ…」など、汎用性の高い言葉が多く、幅広い層に浸透しつつあるようです。

■ちいかわ構文
https://numan.tokyo/words/YuVro

第5位 母胎ソロ

新たな韓流ドラマブームを起こした『愛の不時着』に登場して、より多くの人に知られて広まった韓国発の造語。
韓国語で「母胎=モテ」と英語の「ソロ=単独の」という意味が組み合わされた言葉で、「母親から生まれてから恋愛経験をしたことがない」「恋人がいない歴イコール年齢」の人間を指す言葉で、男にも女にも使われます。

■母胎ソロ
https://numan.tokyo/words/FGB3W

第6位 ビッタビタにはめてましたね

東京2020オリンピックで新種目となった、スケートボード競技・ストリートの解説で飛び出した言葉。
オリンピックから約1年経っても人気なようで、2021年11月4日に発表となった「2021ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30にも選ばれていた昨年話題になった言葉ですが、日常生活での使える場面はそんなに多くないかも?

■ビッタビタにはめてましたね
https://numan.tokyo/words/u6f99

第7位 はにゃ?

2021年の若者言葉最新ランキング第1位だった「はにゃ?」。今年もたくさん検索されていました。
第一次ブームの『おーい!はに丸』から30年以上の時を経て、2020年に再ブームが発生。首をかしげながら、とにかくかわいく発音するのがポイントで、2022年下半期も使い続けられそう!

■はにゃ?
https://numan.tokyo/words/QI9HX

⇒次ページ
第9位、第10位は、人気マンガから話題になったあの言葉!

第8位 超チルなラッパー

第8位の「超チルなラッパー」は、TikTokを中心に流行している言葉。
とびばこさんの「あーしの夢っすかぁ? 超チルなラッパー!」から流行り、チルさがある、あるいはギャルっぽい写真に「超チルなラッパー」と用語を付けて投稿されるが、そもそも「チル」の意味とは……?

■超チルなラッパー
https://numan.tokyo/words/fqIju

第9位 ニシパ

「ニシパ」、アイヌ語で男性の尊称を表す言葉。
野田サトルさんによる漫画『ゴールデンカムイ』のセリフに描かれたことで、広く世間に知られるように。作中では、男性の登場人物が「○○ニシパ」と呼ばれるシーンが多く描かれています。2022年4月のマンガ最終回や、全国巡回中のゴールデンカムイ展もあり話題に上っていた模様。

■ニシパ
https://numan.tokyo/words/eUGsX

第10位 領域展開

第10位もマンガに登場する言葉。
「領域展開」、芥見下々さんによる『呪術廻戦』に登場する呪術用語。五条悟の「領域展開」の言い方が若者たちの間で流行り、TikTokなどで拡散され話題に。「週刊少年ジャンプ」本誌での連載はもちろん、 2021年12月24日から公開された劇場版『呪術廻戦 0』でも話題に上る機会が多かったようです。

■領域展開
https://numan.tokyo/words/MiPmD

まとめ

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜