用語集

tosツイ(とすつい)

掲載/更新 1
tosツイ(とすつい)
用語集テストバナー

意味

「tosツイ」(とすつい)とは、コメントの最初に「@tos」とつけたコメントのこと。

Twitterではフォロワーのタイムラインに表示されない、誰に読ませる意図もないツイートのこと。

※2022年2月現在、@tosアカウントの凍結が解除され、ユーザーが使用する可能性が。
長年親しまれてきたtosツイだが、アカウントの持ち主に届く可能性があるため今後は使用しないほうがよいだろう。
時代の流れとはげに無情なり。

「@tos」のツイートは誰宛て?

ツイッターでは、特定の人に向けてコメントを付ける「リプライ」という機能がある。
コメントの前に「@ID(ユーザID)」をつけて、その後にコメントを付けると、対象IDのユーザに対してのみコメントが通知され、他のフォロワーのタイムラインには表示されない。

このとき、対象IDをユーザーが存在しない架空のIDにすることにより、絶対に誰のタイムラインにも表示されないツイートを発信することができる。

「tos」とは、一般ユーザーが使用できない凍結アカウントであり、うっかり他の人に届いたりしない、「安全な架空ID」なのである。
しかし2022年2月現在、この@tosアカウントの凍結が解除されたとして再度注目を集めている。

tosツイはどんなときに利用する?

使用例:
@tos 誰に言ってもしょうがない愚痴だけど、タンスに足ぶつけた……。
そこに置いたの自分だけど悔しい。
トスツイの利用目的は様々。
使用例のように、誰に聞かせるでもない、他人のタイムラインに割り込むほどでもない愚痴を語る者。
どこにもいない架空の人物に向けてメッセージを送る者。
中には、タイムラインだけでなく「ツイートと返信」項目まで見るようなコアなファンに向けてのみ情報を発信するという、高度なかまってちゃんムーブをする者もいる。

世界中に向けて発信するはずのツイッターでこっそり発信する。
矛盾をはらんだ趣のあるツイート方法である。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

2022-02-16夕凪

@ tosのユーザーさんが復活したので、使用は控えた方がよさそうです。