用語集

闇堕ち(やみおち)

掲載/更新 0
闇堕ち(やみおち)
用語集テストバナー

「闇堕ち」の意味

味方や善人が堕落し、悪の道へと進んでしまうこと。 類義語に“悪堕ち”がある。

拷問などを使い他者から強制的に悪の道へと引きずりこまれていくことを “悪堕ち”と言うのに対して、“闇堕ち”は自身の心の問題などによって、 自ら悪の道へと踏み入ってしまうことを指す。

また、味方の中にひそむスパイなどの裏切り者は、 もとから悪のポジションにいるので闇堕ちにはあたらない。

逆に敵対する悪の存在として登場したキャラクターが、 物語の途中で改心し善良な味方キャラになることを“光堕ち”という。
例えば、映画『スター・ウォーズ』で アナキン・スカイウォーカーが皇帝に誘惑され、 自らダークサイドへと身を落していった展開はまさに“闇堕ち”の典型である。

自ら悪の道を選んでいるので、悪落ちキャラと比較して味方に復帰できるケースが非常に少ない。
改心したとしても極端に弱体化しているか 「この手は既に汚れてしまっている」などと言ってそのまま死亡してしまう展開も多い。

「闇堕ち」の語源・由来は?

アニメなどではしばしば味方を「光」、敵を「闇」と表現する。
また、「ダークサイドへ堕ちる」などと言うように悪や罪の世界にハマったり、好ましくない状態におちいることを「堕ちる」と表現する。

この2つを合わせ、「闇堕ち」という言葉が生まれた。

「闇堕ち」の使い方を例文でチェック!

「このキャラの嫉妬ぶりは典型的な闇堕ちフラグだな」
「闇堕ちキャラは性癖に刺さる」
「タケミチに闇堕ちしたマイキーを救って欲しい」

「闇堕ち」に関連する言葉

鬱展開⇒アニメやマンガ、小説等のフィクションのストーリーにおいて、受け手が陰鬱な気持ちになる展開のこと。
闇が深い⇒表面上はわからないが、実は内側に触れてはいけない秘密を抱えていることを指す。
9 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません