用語集

闇堕ち(やみおち)

闇堕ち(やみおち)

意味

味方や善人が堕落し、悪の道へと進んでしまうこと。類義語に“悪堕ち”がある。拷問などを使い他者から強制的に悪の道へと引きずりこまれていくことを“悪堕ち”と言うのに対して、“闇堕ち”は自身の心の問題などによって、自ら悪の道へと踏み入ってしまうことを指す。

また、味方の中にひそむスパイなどの裏切り者は、もとから悪のポジションにいるので闇堕ちにはあたらない。

映画『スター・ウォーズ』でアナキン・スカイウォーカーが皇帝に誘惑され、自らダークサイドへと身を落していった展開はまさに“闇堕ち”の典型である。

自ら悪の道を選んでいるので、悪落ちキャラと比較して味方に復帰できるケースが非常に少ない。改心したとしても極端に弱体化しているか「この手は既に汚れてしまっている」などと言ってそのまま死亡してしまう展開も多い。

逆に敵対する悪の存在として登場したキャラクターが、物語の途中で改心し善良な味方キャラになることを“光堕ち”という。

2 件

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは