用語集

茶の間(ちゃのま)

意味

コンサートや番組観覧、イベントなどには行かずに、テレビを見たり雑誌を読んだりwebサイトを見たりといった、メディアの閲覧を主とし、自宅のお茶の間で応援するファンのこと。

男性アイドル界隈の用語だったが、今では若手俳優界隈でも頻繁に使用されている。
舞台を観に行かない、イベントに行かないだけではなく、現場に入る回数が少ない場合にも“茶の間”という名称が用いられるため、明確な定義がなく、現場に通うファンと行かないファンの間で論争が起こることもしばしば。

自ら「私は茶の間だから~」と宣言するにはいいが、一般的には「茶の間のくせに」「文句は多いけど、結局茶の間じゃん」などネガティブ要素を含む方が多い。

同様の意味で、女性アイドル界隈では"在宅(現場に行かず、自宅で応援しているファン。または行為)"、バンド(バンギャ)界隈では"ネトギャ(ライブに行かず、音源も買わず、メンバーのSNSだけで楽しむ)"という言葉もある。

2 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!