用語集

新宿東口の猫(しんじゅくひがしぐちのねこ)

掲載/更新 0
新宿東口の猫(しんじゅくひがしぐちのねこ)
用語集テストバナー

意味

「新宿東口の猫」(しんじゅくひがしぐちのねこ)とは、新宿駅東口に設置された大型液晶街頭ビジョン「クロス新宿ビジョン」に映し出される猫ちゃんのこと。

新宿に3Dのネコチャンが登場!

2021年7月、新宿駅の東口前に巨大なデジタルサイネージが登場した。

クロス新宿ビルの4階部分をまるごと占有するデジタルサイネージの大きさは、縦8.16m×横18.96m。
端が湾曲した独特のフォルムを持つ液晶パネルは、4K画質に加え、裸眼で3D映像が楽しめる仕組みになっている。

このモニターで立体視を体験するために作られたのが、巨大な三毛猫ちゃんの映像だった。

渋谷といえば犬、新宿といえば猫に?

巨大な猫ちゃんが何をするでなく、ただくつろぐだけの立体映像は、「かわいい!」と日本のみならず世界中から人気を集め、早くも新宿のランドマークとなっている。
映像は定期的に新作が作られ、中には掃除機ロボットメーカーiRobotとコラボしたものもある。

猫ちゃんは、渋谷のハチ公と並ぶ新宿東口の新しいマスコットとなりつつある。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません