用語集

それでは聞いてください(それではきいてください)

掲載/更新 0
それでは聞いてください(それではきいてください)
用語集テストバナー

「それでは聞いてください」の意味

「それでは聞いてください」(それではきいてください)とは、主にSNS上で使われる言葉。
ハッシュタグや、オチのフリに使用されている。

一見なんでもない言葉のように見えるが、それもそのはず、音楽番組でよく言う曲へのフリを引用したものだからである。そのため、この言葉の前にはエピソード(音楽番組でいう曲と関連する話)が入り、後にはメインとなるオチ(音楽番組でいう曲)が入る。このオチも長すぎるものではなく、曲名にありそうなくらい端的なものが好まれている。とくにTwitter上では、このネタはかなりロジカルに作られており、上手く書ける人はきっと話すのも上手い人だと思われる。

この言葉を使った「それでは聴いてください、チグハグ」が「2022年高校生的流行語大賞」で1位、また「TikTok流行語大賞2022」の大賞を獲得した。男性版清純派7人組グループ"THE SUPER FRUIT(スパフル)"のライブで行われた、デビューシングル「チグハグ」(2022年8月リリース)の曲紹介がTikTokで話題となり、ハッシュタグ「#チグハグ」の再生数は12億回を突破した。この楽曲のイントロ部分を用いて自虐的なエピソードやチグハグな話をし、「それでは聴いてください、チグハグ」と言って振付を踊る動画がバズっている。

この動画を撮る際、上記のようにエピソードトークはチグハグな話でなくても良いが、ではなぜチグハグと言うのか、と関連性に疑問を持つ人も一定数いる。YouTubeでも「ガチャピンちゃんねる」が歌って踊ってみた動画を出しており、ここでも残念エピソードっぽいことが語られている。

「それでは聞いてください」の由来・語源

2016年、Twitterの「#元カレ元カノを思い出してツイート」というハッシュタグと合わせて使われ始めたと言われている。
今では恋愛の話に関係なくても使われるようになり、自身が体験した壮絶なエピソードや驚愕した話など、ハッシュタグなしで綴られている。

たまに本当に曲紹介をしている投稿もある。

「それでは聞いてください」の活用例

・「#それでは聞いてください」

・「最近、チグハグがバカにされていて怒っています。」「歌詞もすごい深い意味なのに、とても悲しいです。」「なんか、振り付けもちょっと違うし。。」「はぁ。」「それでは聞いてください」「チグハグ」

・あの日あなたに貰ったネックレス。今どこにあると思いますか?
それでは聞いてください。「オカンの首元」

などなど、TikTokでは流す曲「チグハグ」の雰囲気と反対のテンションでトークをして、その切り替えで使用されている。Twitterでは曲紹介のようにエピソードを書き出し、オチのフリとして使われていた。
本質的な使用法は一緒だが、媒体によって発展の仕方が違うのが特徴。またネタ的に使われるため、日常で使うことは音楽関係者にでもならない限りないだろう。
6 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません