広告をスキップ

伏線がエグい…アニメ『ONE PIECE』第977話、衝撃展開が話題に。ルフィ・ロー・キッドにも鳥肌!

尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。6月6日に放送された第977話は「海は海賊!討入り!いざ鬼ヶ島」。早くも波乱に見舞われる赤鞘の侍たちの前に、ルフィローキッドが揃い踏み!

新世界を揺るがす“最悪の世代”の筆頭、モンキー・D・ルフィ、トラファルガー・ロー、ユースタス・キッドのかっこよすぎる登場が視聴者を沸かせました。そして、胸の痛むカン十郎の裏切りには、実は驚くほど多くの伏線が張られていた……!

DVD『ONE PIECE  20thシーズン ワノ国...

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6 画像

via DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6

カン十郎への怒り悲しみ、そして驚き…「伏線エグすぎる!」

黒炭家の名とともにスパイ行為を自白したことで、ついにカン十郎の裏切りが発覚。錦えもんや菊の戸惑いや悲しみ、怒りは視聴者にも伝わり「許せない」「最低だよほんと……」「辛すぎるなあ」などやるせない思いを吐露する感想が目立ちました。

また一方で、今更内通者を知りたくない、何か事情があるはずだと最後まで仲間を信じようとする甘さを見せた錦えもん。そんな彼になぜ身内を疑わなかったのかと追い討ちをかけるカン十郎の言葉を「本当は気付いていたのになぜこれまで問いただしてくれなかったのか」という意味で捉えた視聴者も。

おでんや錦えもんらと出逢い、迫害されてきた人生とは違う楽しい時間を過ごすうちに少なからず情が湧いていたカン十郎もいたとしたなら……。自分がカイドウのスパイであることに、ここまで事態が悪化する前に気づいてほしかったと、裏切り者側でありながらもどこかで願っていたのかもしれませんね。錦えもんとカン十郎は特に仲が良かっただけに、余計に切なさも込み上げるシーンでした。

このようにしてドレスローザでのアニメ初登場から6年の時を経て裏切り者だったと発覚したカン十郎ですが、改めて振り返ると、実はこれまでに彼が裏切り者だと匂わせる伏線があちこちに張り巡らされていたのです。
例えば、カン十郎は絵が下手なキャラという設定でしたが、今回カン十郎が描いたとは思えない達者な絵を披露していました。これも実は役者・夕立ちカン十郎役作りの一貫。実はこれまで、箸を持つ手や刀を握る手は右で描かれていましたが、下手な絵が生み出される時の筆はいつも左手に握られていました。

また、ルフィたちとゾウに登る際には左手の拙い画力で“昇り龍”を描いていましたが、今思えばその絵はまさしくカイドウを暗示していたと言えます。

さらに、トキの能力で20年先に飛んだ直後にはなぜか筆を右手に持っていました。よく見るとその頭上には手紙を携えたスズメが。これは赤鞘九人男が生きて未来へ飛んだことをカイドウに連絡するため、右手で筆を使い達者な画力で伝達スズメを生み出していたのだとわかります。

その他にも、ドレスローザでオモチャにされることなく無事に過ごしていたことや、雷ぞうの居場所を察しゾウにジャックがやってきた理由がカン十郎の存在に繋がること、コミックスでは人物紹介の際にカン十郎だけが毎回違うイラストに変わっていたことなど細かい伏線が視聴者からたくさん挙がりました。

これには「6年越しの伏線回収すごい」「伏線エグすぎる!!」「ここまで色んな伏線をアピールするでもなく仕掛け続けてきた尾田っちすごすぎる」「振り返るとここも伏線だったんだ……ってどんどん発覚してすごい」「ゾクゾクした。ワンピースヤバすぎ!」などの声が集まり、“カン十郎”がトレンド入りを果たすほど多くの人に衝撃を与えました。

「海は海賊が相手だ!!!」三船長がかっこよすぎた…!

そして今回の見どころはなんと言ってもルフィ・ロー・キッドの揃い踏み!

約束の港に誰もいない上に嵐に見舞われ、さらにはカン十郎の裏切りが発覚……。悲願の討入りを出鼻から挫かれ絶望が襲う赤鞘九人男の前に現れた彼らの姿は、海賊でありながら霧を晴らすヒーローのよう。偉大なる航路・新世界を爆進するルーキー海賊団の船長としてそれぞれファンも多い三人のため、実況も盛り上がりました。

特にルフィの「海は海賊が相手だ!!!」というセリフには「かっこよすぎる!」「マンガでもやばかったけど声がついたら鳥肌立った」「マジで最高」「頼もしすぎる〜!」「こんなん惚れてしまう……」と注目が集まり、Twittew上では“海は海賊が相手だ”のハッシュタグと共に感想が呟かれました。

実は、この三人が顔を合わせ共闘するのは“2年前”のストーリーとして描かれているシャボンディ諸島以来アニメとしては実に12年ぶりの共演が実現し、それぞれの成長した“2年後”の姿が視聴者の興奮をさらに高めてくれました。

また、原作では船の引きの絵と吹き出しのみで描かれていた麦わらの一味のクルー同士の会話が、アニメオリジナルの原作補完によりルフィとゾロナミのやりとりだと判明したことも一部ファンの間で話題に。「久々のゾロ嬉しい……!」「寝て怒られてるのルフィとゾロな気がしてたけどほんとにそうだったw」「こんな時でも麦わらの一味は可愛いな」などの感想が寄せられました。
次回978話では、そんなルフィ・ロー・キッドのさらなる活躍に乞うご期待!
■ アニメ『ONE PIECE』第976話、OPのヤマトが美しい…!声優は誰になる?絶対的主人公・ルフィの到着にも「待ってた!」
https://numan.tokyo/anime/O1aCM
■ 原作補完に称賛!アニメ『ONE PIECE』第975話、ふたりの根深い因縁。その切ない理由が明らかに…
https://numan.tokyo/anime/Aj3It
■“Dの一族”の伏線か?アニメ『ONE PIECE』第974話、おでん節に涙腺崩壊。原作との違いに推測も…
https://numan.tokyo/anime/lYm6D

ONE PIECE 第978話予告「最悪の世代進撃!嵐の海の戦い」

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜