King Gnu・常田大希の圧倒的な音楽力。『王様ランキング』OPでも魅せる芸術的表現

掲載/更新 0
King Gnu・常田大希の圧倒的な音楽力。『王様ランキング』OPでも魅せる芸術的表現
アニメソング(アニソン)を語る連載、第七回目はKing Gnu、そしてmillennium paradeのリーダーである常田大希さんです。『BANANA FISH』や『王様ランキング』、『竜とそばかすの姫』などで魅せた圧倒的な音楽力をご紹介します。
IMAGE
カルチャーライターの曽我美なつめと申します。
アニメやマンガを愛するガチオタクである一方で、これまで約10年ミュージシャンとしても活動し続けるかたわら、現在は音楽ライターとしても活動している私。そんな私が音楽オタク&アニメオタクの両側面からご紹介していきたいと思います。

現在多くの20~30代の邦楽好きな若年層を中心に、熱い支持を得るミクスチャーバンド・King Gnu(キングヌー)。そして音楽ファンのみならず、様々なカルチャージャンルの業界人からも注目を浴びる超個性派アーティスト集団・millennium parade(ミレニアムパレード)。

この2つの音楽ユニットのリーダーは、実はどちらも同じ人物。最近はミュージシャンとしてだけでなくモデルとしての活躍も話題の、アーティスト・常田大希さんです。

CD『BOY』(King Gnu)

CD『BOY』(King Gnu)


他の追随を許さない圧倒的センスとパフォーマンス力で、音楽好きだけでなく大勢のカルチャー・エンタメ好きの間で人気の両ユニット。
彼らのその最たる魅力は演奏だけでなく、やはり楽曲とあわせて細部の演出まで手掛ける総合芸術としての完成度の高さでしょう。

他アーティストと比較しても、演出も含めて極めてエンターテイメント性の高いパフォーマンスを披露することに定評のあるKing Gnuとmillennium parade。
そんな彼らの優れたエンタメ性は、実は最近発表された両者のアニソン曲にも、そのハイセンスが如実に表れてもいるんです。
今回はそんな彼らが直近リリースしたアニソン曲を中心に彼らの魅力を解説。
音楽だけでなく様々なカルチャーのエッセンスを取り入れた、両者のパフォーマンスの魅力。それらに二次元・アニメという要素も加えて、その凄さを語っていきたいと思います。

『王様ランキング』の世界を表現する楽曲に脱帽

31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません