劇場版『鬼滅の刃』LiSA「炎」が涙を誘う理由。歌詞に隠された炭治郎と煉獄の絆とは

掲載/更新 0
劇場版『鬼滅の刃』LiSA「炎」が涙を誘う理由。歌詞に隠された炭治郎と煉獄の絆とは
アニメソング(アニソン)を語る連載、第二回目は劇場版『鬼滅の刃』無限列車編のテーマ曲であるLiSAさんの『炎』です。思わず涙してしまう理由とは?
IMAGE
カルチャーライターの曽我美なつめと申します。
アニメやマンガを愛するガチオタクである一方で、これまで約10年ミュージシャンとしても活動し続けるかたわら、現在は音楽ライターとしても活動している私。そんな私が音楽オタク&アニメオタクの両側面からご紹介していきたいと思います!

第二回目となる今回ピックアップしたのは劇場版『鬼滅の刃』無限列車編のテーマ曲であるLiSAさん『炎』です。

CD「炎」 (期間生産限定盤)画像

CD「炎」 (期間生産限定盤)LiSA


劇場版の興行収入は2021年3月末時点で390億を突破。終映間近にしていよいよ大台の400億突破を目前とし、まさに映画史に燦然と輝く大記録を打ち立てつつある『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。
そんな本作の主題歌となった『炎』もまた、2020年の音楽業界に数々の記録を打ち立てた名曲ともなりました。

Billboard JAPANで6部門、オリコンチャートでも6部門での1位を獲得。日本レコード協会ではプラチナディスクに認定、第62回日本レコード大賞にて大賞受賞、ストリーミングチャートでは史上最速の2億回再生を突破したりと、その記録は枚挙に暇がありません。

私たちが無意識に落ちてゆく「無限」の涙活サイクル

この『炎』がここまで多くの人々に支持された理由は、端的に言えば一つ。
映画で描かれた主人公・炭治郎と炎柱・煉獄さんとの、衝撃の出会いと辛く悲しい別れ。炭治郎を通して私達観客も疑似体験することのできるその物語が、あまりにも鮮明な情景を以て歌詞に落とし込まれているからです。

楽曲の歌詞を読むだけで、テレビやラジオ、CDや各種ストリーミングでこの曲を聴くだけで。映画を見終えたあの時の気持ちを、非常に再現度高く呼び起こしてしまう。音楽に触れるだけで、思わず泣けてきてしまう。そんな方も、どうやら非常に多いようですね。
少し前に、ストレス解消法の1つとして「涙活」なんて言葉が流行りました。
映画やドラマを見て感動の涙を流すことで、日常生活で抑圧されていた感情を解き放ちカタルシス(快感)を得る事ができる。それによって、心の中にため込んだストレスを解消する活動。それを「涙活」と呼び、様々なメディアが取り上げたりもしていました。

その影響か一時は映画の宣伝文句などに「全米が泣いた」「感動の嵐」なんて文言もよく使われていましたし、一方でその言葉はもう見飽きた、なんて思う方も大勢いたことでしょう。
LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP-

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編はそのような感動作としてPR“しなかった”事も逆に功を奏していたと思います。
物語の展開上PRできない部分という大前提もありましたが、それ故に元々の鬼滅ファンだけでなく大勢の観客が、無意識に、意図せずして。涙活をするべく何度も劇場に足を運ぶ現象も、同時に起きているのではないでしょうか。

このストレスフルな閉鎖的社会状況の中、観客が悲しみの涙でストレスを緩和できる涙活の役割を、本作が担ったことが非常に大きかったのでしょう。
そして、その役割を担っていたのは何も映画だけではありません。
映画の内容と大きくリンクする歌詞が描かれているからこそ、この『炎』もまた映画の内容を彷彿とさせる涙活のトリガーとして、まさしくその役目を全うしていました。
『炎』を聞くことで映画を思い出し、疑似的に映画を見に行った時の気持ちを感じることができる。
あるいはその気持ちを思い出して、もう一度映画を見に行きたい。映画を見た時に感じたあのカタルシスを感じたい。

意識的に、あるいは無意識にそのような思考回路が働き、映画と楽曲が互いに発揮した相乗効果。それによって、どちらの作品も現在のような歴史的記録を打ち立てるに至ったのではないかと思います。
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 特報
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません