『うっせぇわ』Adoはニコニコ動画世代・最後のアーティストか。“あるオタク層”に共感を呼ぶワケは

『うっせぇわ』Adoはニコニコ動画世代・最後のアーティストか。“あるオタク層”に共感を呼ぶワケは
一大ムーブメントを起こしているAdoさんの『うっせぇわ』。突如、火が付いたこの楽曲は一体どのような層に何故響いたのでしょうか? その理由とは。
IMAGE
2021年3月現在、YouTubeでの公式動画がまもなく1億回を突破しようという超人気曲となった、Adoさんのメジャーデビューシングル『うっせぇわ』
YouTubeやTikTokでの歌唱動画の投稿で火が付き、今インターネット上で一躍ムーブメントとなっている楽曲として、多くの方がお馴染みの事と思います。

ですが、いまだにこの『うっせぇわ』ムーブメントについてピンと来ていない方も多いと聞きます。
このムーブメントを起こした層は一体どこなのか、そしてどこが響いたのか?

そこで約10年のミュージシャン活動経験があり、現在は音楽・漫画等のカルチャーライターとしても活動する私、曽我美なつめが考えるその理由をお伝えします。

『うっせぇわ』 ジャケット写真より

『うっせぇわ』 ジャケット写真より

『うっせえわ』ムーブメントを起こしたのは誰か

思春期や若者独特の反抗心の描かれた歌詞や、ハスキーかつ聞き馴染みの良いAdoさんの歌声など、楽曲が上記のSNSのメインユーザーに刺さった要因については、様々な点が挙げられています。

これまでにも『夜に駆ける』のYOASOBI『香水』の瑛人さんなど、アーティスト自体が無名でもSNSを発端としてトレンドになった曲は多数あります。
ですが、せつない恋心を歌った曲でもなく今風の耳なじみのよいサウンドとも異なり、この『うっせぇわ』は社会へのアンチテーゼを大々的に掲げた、社会の潮流に反した圧倒的に異質で攻撃的な曲です。
さらにこの曲を歌うAdoさん自身や、楽曲制作を手掛けたsyudouさんの主戦場はネットであり、一般的にはそこまで名の知れたアーティストではありません。

ともすれば公の場でも敬遠される可能性も高いこの曲を、ここまでの一躍ムーブメントに押し上げたのは誰か。
それはきっと「数年前であれば活動の主戦場をニコニコ動画としていた人たち」なのではないでしょうか。
16 件
  

この記事のタグ

Comment

2021-03-17リスのナッツミー

うっせぇわの唄これは子供達に良くないですこの曲止めて欲しいです

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは