TV版『鬼滅の刃』無限列車編、光の小人の“正体”にある説が…江口拓也の“青年”にも反響【第4話】

掲載/更新 0
TV版『鬼滅の刃』無限列車編、光の小人の“正体”にある説が…江口拓也の“青年”にも反響【第4話】
11月7日(日)、TVアニメ版『鬼滅の刃』無限列車編の第4話が放送。新規カットや江口拓也さんの登場、魘夢とVS炭治郎の対峙に反響が集まりました。ほか視聴者が注目したシーンは? 
IMAGE
テレビアニメ版『鬼滅の刃』無限列車編では、大ヒットした映画・無限列車編を新規カットや予告、音楽を交えて放送。
魘夢に見せられた夢から炭治郎がいよいよ脱出を図る第4話「侮辱」では、劇場版にはなかった新規カットや、トラウマものの悪夢、伊之助の覚醒などが反響を呼びました。サブタイトル「侮辱」の意味とは……。

特に注目されたポイントや感想、話題を呼んだシーンは?

新規カットにグッとくる…江口拓也の青年にも反響

テレビアニメ版の無限列車編で視聴者がもっとも注目しているのは、やはり「どこに新規カットが来るのか?」でしょう。
今回は、魘夢の手下となっていた青年が、炭治郎の化身‟光の小人”に出会い改心する過程が新規カットで描かれ、反響を呼びました。
青年は炭治郎の夢に入り‟精神の核”を破壊しに来たのですが、知ってか知らずか自らそこへ案内してくれた光の小人、つまり炭治郎の‟やさしさ”に涙を流し……。
夢の世界が崩れる瞬間、光の小人と手を取りあうのです。

心を温かくするシーンに、「ここ原作でも好きだった。青年が炭治郎の純粋さに胸を打たれて改心した過程が、丁寧に見られてよかった」、「入った夢が炭治郎ので、ほんと幸運だったよ……起きてから炭治郎とわかりあえて良かった」、「光の小人、純粋でかわいい♪」と視聴者もほっこり。

原作では青年が小人の手を必死に掴むのに対し、今回は小人から青年を救うように手を掴んだのが「胸に来る」「素敵……」という感想も見られました。
また、この小人についてある考察も盛り上がっていた様子。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません