SNSで超話題の『ジャン神』完結。オタクの「クソデカ感情」を揺さぶった"おけパ"の存在とは

掲載/更新 0
 SNSで超話題の『ジャン神』完結。オタクの「クソデカ感情」を揺さぶった"おけパ"の存在とは
SNSで大反響を呼んでいる、真田つづるさんのマンガ『私のジャンルに「神」がいます』(『同人女の感情』)。新作が発表されるたび大きな話題となる理由とは? ”同人女”の抱く感情に触れていきます。
IMAGE
今、Twitterで話題沸騰となっている『同人女の感情』改め『私のジャンルに「神」がいます』。
真田つづるさん(@sanada_jp)が2週おきにTwitterにて更新中のマンガで、同人活動をしている女性たちを主人公にさまざまな感情と人間ドラマを描いた作品です。

第1話「秀才字書きと天才字書きの話」が公開され、その後も続けて作品が発表されるごとに読者が急増していき、今や新作が公開されると「綾城」「おけパ」など登場人物の名前がTwitterのトレンドに入るほど。

同人界隈のコアでマニアックなネタを扱いつつも、誰でも楽しめるようなテンポの良さと細かい状況説明、感情描写の秀逸さなどの魅力があり、創作に携わっていたり実際に同人活動をしている読者の心を掴んで離さない話題作となっています。

『私のジャンルに「神」がいます』(KADOKAWA)

『私のジャンルに「神」がいます』(KADOKAWA)

今回はそんな『私のジャンルに「神」がいます』通称『ジャン神』の魅力をさらに深く紐解きながら、同人活動をする女性(通称:同人女)の抱く感情について触れていきます。

「絵描き」ではなく「字書き」にスポットを当てたストーリーが斬新

『ジャン神』の登場人物に共通していること、それは全員が同人活動における「字書き(=イラストやマンガではなく小説を書く人のこと)」であることです。

シリーズ内における「神」こと綾城、彼女の友人であるおけけパワー中島(通称:おけパ)、そして毎話ごとの主人公。彼女たちの全員が字書きであり、同人誌即売会やP支部と呼ばれる投稿サイトで自身の同人小説を発表しています。
これまで同人界における「絵描き」の実録エッセイマンガや創作マンガが多く見受けられた中で、「字書き」にスポットが当たっている『ジャン神』。絵描きに比べて陽の光が当たることが少ないと思っている字書きの皆さんには、本作の存在とそこで描かれた悲喜こもごものリアルな感情に「あっ、これは私だ」と救われた方も多いのではないでしょうか。

『ジャン神』は字書きが主人公のストーリーですが、描かれている内容は同人活動をしているすべての人々の共感を呼ぶものとなっています。普遍的な同人活動の悩みや創作することへの苦しみ、喜びを網羅した構成だからこそ、特定の人々だけにでなく幅広い層に届く作品となっているのではないかと推測します。

オタクなら誰しもが抱く「クソデカ感情」

第1話『秀才字書きと天才字書きの話』では、主人公の七瀬がP支部で神字書きである綾城を発見し、彼女のTwitterをフォローした後にフォローバックしてもらう(=認知してもらう)ため己のスキルを磨き鬼のように小説を書き続け、”同人小説に魂を奪われた亡霊”と化していく様が描かれています。

また、第2話『神字書きがジャンル移動する話』では、活動ジャンルを移動してしまった綾城に心底惚れ込み、彼女を引き戻そうと執念を燃やしながら小説を執筆し、結果的にそのことが綾城の耳にも入り功を奏す友川という女性が登場します。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません