BLアニメ『ギヴン』と『海辺のエトランゼ』が胸に刺さるワケ。"葛藤"がリアルとリンクする

BLアニメ『ギヴン』と『海辺のエトランゼ』が胸に刺さるワケ。"葛藤"がリアルとリンクする
BL作品のメディア化が目立つ昨今。現在、公開中の『ギヴン』と『海辺のエトランゼ』から、イマドキBL女子の心に刺さるポイントに迫ります。
IMAGE
実写映画『窮鼠はチーズの夢を見る』など、近年、ボーイズラブ(BL)作品がアニメ化、映画化されるといった動きが特に活発になってきています。

9月11日より劇場公開している映画『海辺のエトランゼ』は、繊細かつ透明な描写で読者を魅了する紀伊カンナ先生の『エトランゼ』シリーズが原作。主人公・橋本駿のもとにやってきた高校生・知花実央が互いに恋をして、その想いを実らせ2人で過ごすようになってからの日々を描いた作品です。

また、8月22日より公開中の映画『ギヴン』は、キヅナツキ先生が描く同名マンガの映画化作品。バンドを結成した4人の青年たちが繰り広げるオルタナティブな恋模様は、ドラマCD化やテレビアニメ化されたことでも人気を呼びました。

『ギヴン』と『海辺のエトランゼ』。一見テイストが異なるこの2作品。
BLを嗜むイマドキな女子の心に刺さるのはどんなところなのでしょうか? その魅力に迫っていきます。
「映画 ギヴン」×「海辺のエトランゼ」スペシャルコラボPV

ドラマチックな群像劇と、二人の日常物語

まず、作品におけるキャラクターの相関において、どの部分にスポットが当たっているかに注目したいと思います。

『ギヴン』はボーイズバンドのメンバーが中心となって繰り広げられる群像劇で、『エトランゼ』シリーズは若手小説家である橋本駿と、その恋人である知花実央の2人が中心となって物語が進んでいきます。
20 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは